写真のSNSシェアをやめると見えてくる「自分が選びたいもの」

先日こちらの記事にも書いたように、11月は「写真のSNSシェアをやめる」と決めてみました。

新しいことを始めるなら、何かを手放してみる―11月にやめること

2018.11.02

まだ11月が始まって少ししか経ってないのですが、今まで当たり前に写真をシェアしてきた自分にとっては、いろんな気づきがありました。

写真シェアをやめて気づく「自分が選びたいもの」

これを言うのはちょっと抵抗があるんですけど、写真をシェアしないと決めた途端、選ぶものや時間の使い方がかなり変わりました

要するに、よく「インスタ消費」的な感じで考察されているような現象は、自分のなかにも起きていたんだな、と。

(自分的には「いや、わたしは違う」と思ってたんだけど…勘違いもいいとこですね)

例えば今朝、いつも通り仕事をするためにスタバに行ったら、紙カップがクリスマスっぽいデザインになってたんです。

おそらく、写真をシェアする毎日だったら「かわいい!写真に撮ってTwitterにあげよう!」と思ってたと思います。

ただ、今のわたしは写真を撮っても「シェアしないぞ」と決めています。

しかも、店内で飲むのだから、機能的には紙カップではなくマグカップで大丈夫。

さあ、この状況でわたしはどちらを選ぶのか…?

店員さんを目の前にして「ホットのラテ、ショートで…」まで言って、5秒ほど沈黙してから「マグカップで」と付け加えました。

かわいい紙カップは、SNSでシェアしなくたって、わたしのテンションを上げてくれるかもしれない。

でも、席に着いてPCを開いてしまえば、わたしにとっては見た目はもう関係なくて、機能としてのカフェラテさえあればいいかな、と思ったのでした。

こういうことが、1日の中に何個か出てくるんです。

だから、写真のSNSシェアは、わたしの日常にとって結構大きな割合を占めることだったんだなーと感じています。

写真をシェアする日常の中にあったもの

SNSのために写真を撮るのをやめてみると、

  • ただ、自分が今ほしいかどうかだけを考える
  • 誰かと一緒にいる時は、その人との時間だけに集中する

ということに気づきました。

要するに、写真をSNSシェアしていた時は、

  • 価値ある情報(写真)をシェアしたいと思う
  • 人から良く見られたいと思う
  • 一瞬でもSNSのことを考えるため「今ココ」から意識が飛んでしまう

自分は意識してなかったけれど、こんなことが頭の中にあったんだと思います。

わたしはSNSもブログも好きだし、ライターをやっているぐらいだから情報発信も好きなので、そういう消費の在り方も楽しめていればいいと思ってます。

ただ、知らず知らずのうちに、いつでも「誰かの視線」を前提に行動してしまっているとしたら…

それは「自分が好きだから」や「自分がそうしたいから」といった「自分らしさ」を削ることにつながるかもしれないな、と感じました。

おわりに

「いつも当たり前にやっていること」をやめてみると、意外な「自分」に気づくことが多いです。

今回の「写真をシェアしない」というトライも、自分の選択のひとつひとつに「写真」や「SNS」が絡んでいることが見えてきて、おもしろいです。

他人とか、SNSとか、そういうの一切関係なく「自分が選びたいもの」を選ぶ。

1カ月間それを続けたら、どうなるのかな。写真シェアしたくなるのかな。

それとも、何か違う景色が見えるのかな。

また、何か気づいたことがあったら、ブログを書こうと思います。

(ちなみに、ブログの写真は引き続き自分で撮った or 自分が写った写真です)

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

こちらの記事もどうぞ!

一歩踏み出すための勇気と自信は、どこから手に入れられるんだろう

2018.10.30

SNSを見て気持ちが落ち込む人に気づいてほしいこと―SNS疲れ解消法

2016.07.01

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク