新しいことを始めるなら、何かを手放してみる―11月にやめること

両手いっぱいのままでは、新しいものに手を伸ばせない。

何かを始めたいなら、まず今持っているものを減らすことが、だいじだなと思ってます。

ということで、これまで続けてきた2つのことを、11月はいったんやめてみようと思ってます。

1)写真のSNSシェアをやめる

写真を撮るのが好きなので、これまで「いいな」と思った景色や場所を写真に撮って、Twitterにアップしてきました。(あと、Instagramも、たまに…)

それを、11月はやめてみようと思うのです。一応、理由はふたつあります。

  1. 「写真も撮れる」が価値になるフェーズが終わったかもしれない
  2. 言葉について、もっと考えたい

1.「写真も撮れる」が価値になるフェーズが終わったかもしれない

わたしがTwitterやInstagramに写真を載せはじめたのは、「写真も撮れたら、Webライターとして幅が広がるかもしれない」という不純な動機でした。

当初は「写真も撮れるの、ありがたい!」と言ってもらえることも多く、写真と文章セットでの依頼が増えました。

ただ、今はどうか?というと、写真とセットの依頼は、ほとんど受けてないです。

それは、自分のライターとしてのフェーズが変わったからなのかもしれません。

また最近感じるのが、「本当に写真が上手い人」たちがライターに進出しているということ。(わたしが勝手に思ってるだけかもしれないけど)

インスタグラマーさんやフォトグラファーさんが、記事を書くケースが増えてきたなぁ、と感じている中で、

自分が「写真も撮れるライターです」と旗を立てることは、もうあんまり必要ない気がしてきた、ということもあります。

2.言葉について、もっと考えたい

今年に入ってから「言葉の専門家として、どう思いますか?」と、クライアントさんから意見を求められることが増えました。

わたし自身は「自分って、そうなんだなぁ」なんてのんきなことを思ったりもしてますが、そうやって仕事をいただけるのは本当にありがたいことです。

だから今、「書くこと」とか「言葉」について、もっと考えてみたい。11月は、そういう期間にしてみようかと思います。

そんなタイミングで、お友達のライター・狩野ワカさんと「書くことについて」の連載もはじめたので、こちらもぜひ!

書くことについて、ライター2人が考える連載をはじめます!

2018.11.01

あ、こんなことを書いておきながら、我慢できずにTwitterに写真をのっけることがあるかもしれません。

そんな時は「マツオカ、よっぽど共有したかったんだな」と思ってやってください!

2)Twitterの毎日更新ルールをやめる

実は今まで「1日1ツイート」を自分に課していて、自分がお休みの日以外は毎日更新してきました。

毎日考えて言葉にすることは、思考をまとめる訓練みたいな感じで楽しいです。

…が、「自己分析ノート」をつくってみて「ずーっとぐるぐる考えて、渾身の一発を出すのも、めちゃくちゃ楽しい!」と、感じたんですね。

Twitterは「考える」から「発信する」までの距離がすごく短いのですが、「自己分析ノート」は距離がすごく長いイメージ。

「自己分析ノート」の次回作として「好きなことを仕事にするためのノート(仮)」もつくりたいなと考えているので、特に11月は、ちょっと「ぐるぐる考える」に重点を置いてみようと思います。

とはいえ、Twitter好きなので、たぶん更新頻度はあんまり変わらなさそうな気もしますが(!)、

ツイートも「ぐるぐる考えたことのアウトプットの場」という心持ちで、やってみたいと思います。

おわりに

自分の経験上、何かをやめてしばらくすると「めちゃくちゃやりたいこと」のチャンスが来ることが多いです。

だから、定期的に何かを手放すようにしてるんですが、今回はあえてブログに書いてみました。

余白に、何が降ってくるかなぁ。

あいた手で、どんなものに手を伸ばせるかなぁ。

2018年もあと2カ月、どんどん楽しい方に進みたいと思います。

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

こちらの記事もどうぞ!

「すべき」思考になってない?休日ぐらいは「頭」ではなく「心」で判断しよう

2018.07.08

【再販開始】やりたいことを見つける「自己分析ノート」をつくりました

2018.10.23

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク