書くことについて、ライター2人が考える連載をはじめます!

フリーライターの二人が、期間限定で交換ノート的な連載をはじめます。

テーマは「書くことについて」。

数年間「書く仕事」をしてきた今だからこそ考えていることや、一度じっくり考えてみたいことを書いていきます。

二人の自己紹介

まずは、この連載で記事を書く二人の簡単なプロフィールをどうぞ。

マツオカミキ

2014年からライター活動を始め、現在はWebの取材・インタビュー、広告コピーなどを主に執筆してます。

ライターになる前は、文房具メーカーで働いてました。

2018年9月には初めてのオリジナル商品「自己分析ノート」を発売。

記事だけではなく、いろんな形で言葉を届けられたらなぁ、と思っています。

Twitter / BLOG

狩野ワカ

2016年にライター業開始。Webやフリーペーパーなどで、主に取材記事やエッセイを執筆してます。

ライターになる前は、人事の仕事やキャリアカウンセラーをしていました。

2018年夏、コノビーにて連続小説「娘のトースト」を連載。

「書くこと」について、改めていろいろと考える経験になりました。

Twitternote

二人が出会ったきっかけ

出会ったきっかけは、当時マツオカが運営していたライター向けのオンラインサロン(※既にクローズしてます)。

ライターをはじめたばかりだった狩野が、そこに参加したのがきっかけです。

マツオカ
ライターさんが横のつながりを持てるようなオンラインサロンをやってて、その中のイベントで、初めて狩野さんに会ったんですよね。

最初、わたしにどんな印象を持ちましたか?

狩野
キラキラしてるなあと思ったよね。

私がライターを始めたころには、すでにたくさん仕事をしていたし、ブログやTwitterでもたくさん発信してて。

当時は(今もだけど)、手探りで仕事をしていたから、いろいろ参考にしてました。

マツオカ
キラキラ(笑)。

狩野さんは、やっぱりカウンセリングを勉強していたからか、やわらかい雰囲気を持っているから本当に話しやすくて。

春夏秋冬の季節ごとに、1回ぐらいは会ってますよね。

狩野
ミキティとは、根本的なところは似てるんだけど、細かいところが全然違ってて、話すと毎回発見があって面白い。

あと頭がいいから、私のメチャメチャな話もちゃんとまとめてくれて、頭の整理もしてもらってる感じです。

なんで「書くことについて」がテーマなの?

年齢も、書いているジャンルも違う2人ですが、価値観が似ているからか、頻繁にやりとりをするように。

季節ごとに1回、顔を合わせておしゃべりをしています。話題はやっぱり「書く」に関すること

以前から、仕事のやり方とか、悩みとか、そんなことを話していましたが、特に最近は「書く」について自分の深くにある考え方を話すように。

マツオカ
ちょっと前に、「消費されない文章を書きたいんですよね」って唐突に長文メッセージを狩野さんに送ったら、同じぐらいの熱量で返してくれて。
狩野
そう、なんの脈略もなく急にね。でも、だからこそ熱が伝わってきたというか。

私もちょうど同じようなことを考えていたから、溜まっていたものをぶつけ返しました。

マツオカ
それで、お互いに「言葉」とか「書くこと」について、立ち止まって考えてみたい時期だってことがわかって、この企画を立ち上げました!

11月5日(月)からスタートします

この連載は、11月5日~12月20日の期間、毎週月曜と木曜に更新します。

月曜日はマツオカが担当し、木曜日は狩野が担当。

「書くこと」について、二人で考えていることや、改めて考えてみたいことを、言葉にしてみます。

更新情報は、それぞれのTwitterでお知らせします。

もしくは、こちらの連載ページにもまとめますので、良かったらどうぞ。

書くことについて、二人のひとりごと│TOP

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

スポンサードリンク