「書くことについて」
期間限定連載

フリーライターとして
「書く仕事」をしている二人が、
「書くこと」について考える
全14回の公開交換ノート。

良かったら、
お付き合いくださいませ。

Profile

マツオカミキ
ライター5年目
取材・インタビューがメイン
毎週月曜日に更新
Twitter / BLOG

狩野ワカ
ライター3年目
取材・エッセイがメイン
毎週木曜日に更新
Twitter / note

第1回

わたしの「届けたいから書く」という気持ち。小学生の頃に感じた恐怖が、原動力になっていると気付きました。

担当:マツオカミキ

第2回

「届けたいわけじゃないのに、なぜ書くのか?」以前、マツオカさんに言われた言葉について、改めて考えてみました。

担当:狩野ワカ

第3回

「歌は、ずるいよね」そんな話を狩野さんとしていたところから、この企画は始まっています。私は、歌のような、誰かの生活に入り込む言葉が書きたい、という話です。

担当:マツオカミキ

第4回

ライター歴3年。最近、自分なりの「書き方」が見えてきた気がします。

担当:狩野ワカ

第5回

わたしが書く時に一番気を配っていることであり、楽しんでいること。それが「シンプルにすること」なんだと気づきました。

担当:マツオカミキ

第6回

「書く」というひとつの言葉でまとめられる行為の中には、いろいろな手法や感覚があるんだなと。

担当:狩野ワカ

第7回

狩野さんと、お互いの文体について伝えあって、「自分の文体は、なぜそうなるんだろう」ということを考えてみました。

担当:マツオカミキ

第8回

「優しい」と言われることの多い私の文章。どうしてなんだろうと考えてみたら、新たな発見がありました。

担当:狩野ワカ

第9回

人は、どういう時に感動するんだろう。わたしが思う「感動の3要素」と、それをどう文章に反映するか、考えてみました。

担当:マツオカミキ

第10回

私は「物語」に感動する。以前から感じていたことについて、じっくりと考えてみました。

担当:狩野ワカ

第11回

ブログもTwitterも、何も書けなくなってしまう時があります。それはなぜなのかな?と考えてみると、2つの理由があることに気づきました。

担当:マツオカミキ

第12回

「書けない」から届けるために書いていた頃のこと。

担当:狩野ワカ

第13回

12月17日(月)更新

担当:マツオカミキ

第14回(最終回)

12月20日(木)更新

担当:狩野ワカ