正解よりも納得を、早さよりも楽しさを選びたい

世の中には、「正解があること」と「正解がないこと」がある。

そして、本当は正解がないことについて「正解があるはず」と思い込んでしまうと、ちょっと辛くなる。

夢を実現する方法。

結婚に適した年齢。

この年齢で必要な貯金残高。

仕事で上手くやるための振る舞い。

ちまたには「正解っぽいもの」があふれているけれど、こういうのに絶対的な「正解」なんてなくて。

大勢の人がそうしているからといって、それが自分に適しているわけじゃない。

効率的かつ最短距離だからといって、それが楽しいとも限らない。

学校では「正解を探して当てること」が正義とされてきたけど、本当は正解が用意された問題なんてごく一部で、わたしたちの毎日の中には「正解がないこと」ばかり。

だから、どこかで「外に正解を求めること」をやめる必要があると思います。

どこかに正解があるはず、あの人は正解を知ってるはず、という考え方をやめる。

誰かが用意した正解を目指して生きるんじゃなくて、自分で考えて自分で選んでいく。

それが回り道だって、いいじゃないですか。

どうせ最短距離で進んでいったって、生物としての人間が行きつく先は同じなんだから。

だったら「早く進むこと」よりも「楽しくすすむこと」を。

「正解」を探すよりも、自分が納得できる選択を。

***

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

 

こちらの記事もどうぞ!

自分の「これから」を考える時に読みたい3冊の本

2018.12.14

【販売中】やりたいことを見つける「自己分析ノート」をつくりました

2019.01.14

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク