一歩踏み出すための勇気と自信は、どこから手に入れられるんだろう

自信を、持ちたい。

自分のことをまったく信頼してなかった頃のわたしの、切なる願いでした。

そして今「自信満々!」とまではいかないけど「自分ならどうにかなる」と思えるように。

ここまで、どうやって自信を持てるようになったんだろう?

よく言われる「小さな成功体験の積み重ね」は本当にそうだなと思うんだけど…

ただ、それ以前の「まずは一歩目を踏み出そう」という時に、どうやって自信を持って、勇気を出して、一歩目を踏み出せたんだろうか。

自分はいつも「自分」のことを見ている

誰かに背中を押してもらうとか、そういうのは「一歩踏み出すきっかけ」にはなるかもしれない。

でも、そこで一歩踏み出すための自信は、やっぱり自分の中でしかつくれないと思います。

どうしたら、自分を信じられるようになるのか。

それは、他の人間関係と同じで、約束を守ることなんじゃないかな。

自分との約束を、こつこつ守る。

それを積み上げる。

自分は、いつでも「自分」のことを見ているから、

  • 何かに妥協したり
  • あきらめたり
  • 無理したり
  • 我慢したり

そういう「自分との約束」を守った瞬間を、見逃しません。

他の人にはバレなかったとしても、自分にはバレてしまう。

だから、自分との約束はちゃんと守る

「自分との約束」をもうちょっと詳しく書くとしたら、

  • 〇〇をしよう
  • △△はやめよう
  • コレがほしい/ほしくない

といったような、自分の中に湧き出てくる決意とか、気持ちです。

わたしだったら「ほぼ毎日1回ツイートする」とか「書く時にウソはつかない」とか。

その約束を破った時、自分は自分にちょっとだけ幻滅します。

  • 「やるって決めたのに、やらなかったんだ」
  • 「また自分の気持ちより、他の人の気持ちを優先したんだ」

そうやって、自分で自分をガッカリさせないこと。

他の誰でもなく、自分との約束をちゃんと守ること。

それが、最初の一歩を踏み出すための、自信の種になるんじゃないかな。

おわりに

あえて「自信の種」と書いたのは、そこから「自信」を育てていくためには、「自分との約束を守る」に加えて「やってみたら、できた!」が必要だからです。

でも、この「種」がないと、そもそも自信が育たないですよね。

だから、まずは自分との約束を守る。

  • 自分で自分をガッカリさせないためには、どうすればいい?
  • 今は、自分との約束を守れてる?

自信がなくなってきちゃった時は、もう一度振り返ってみたいなと思います。

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

こちらの記事もどうぞ!

自分を好きになって、自分らしく生きるには?考えるべき3つのこと

2017年12月22日

自分のことが嫌いだと苦しいのは、自分のことを好きでいたいから

2017年3月21日

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク