「他己分析」で自分を客観視すると、自分の強みが見えてくる【告知】

自分が当たり前だと思っていることが、とんでもない「強み」であるケースが多い気がします。

でも、その「当たり前」に自分で気づくのは、なかなか難しい…。

ということで、あなたの「自己分析ノート」を拝見して、わたしから見た「あなたの強み」をお伝えする「他己分析レポート」のサービスを作ってみました。

「とりあえず販売ページが見たいよ~」という方は、コチラから!

https://matsuokamiki.thebase.in/items/14428609

自分の中に、他人の視点を吹き込んでみる

自分と向き合うことで「自分の本当の想い」や「やりたいこと」に気づくのが、とても大事なことだと思っています。

ただ、自分と向き合った一歩先、これからその「やりたいこと」をやっていこうというフェーズでは、「自分の強み」や「自分らしさ」を活かしたいところ。

この「強み」や「自分らしさ」は、他者の存在があるからこそ生まれてくるものです。

競争による比較ではなく、自分以外の人と自分との違いに気づくこと。

自分で考えてみることももちろん大事ですが、他人の視点で客観的に「自分」を見てみることも、また意味があると思ってます。

他己分析で「当たり前」が当たり前じゃないと気づく

ちなみに、わたしも人から言われたことで「自分の当たり前」が強みだったと気づいたことが、いくつもあります。

  • 四六時中「より自分らしく生きるには?」と考えていること
    →そんなにずっと考えているのは変態の域って言われた…
  • これぐらいのレベルの文章が書けること
    →「すごいよね」って何人もに言われて、そうなんだと気づいた
  • ひとりで居てもそんなに寂しくないこと(個人事業主としてやっていけること)

自分にとっては当たり前すぎて、すごいともなんとも思っていなかったんだけど、他の人にとっては当たり前じゃないんだと、言われて初めて気づきました。

他人の客観的な視点が、自分の「これから」にとってのヒントになることって、結構多いと思ってます。

だから、わたしの視点が「自分らしく生きたい!」と前を向く人にとって、ヒントになったら嬉しいな。

おわりに

ということで、既に「自己分析ノート」を書き終えた方で、マツオカによる「他己分析レポート」をご希望の方がいたら、ぜひこちらをご覧ください。

新しい自分に気づく「他己分析レポート」販売ページ│BASE

「まだ、ノート書き終えてないよ!」という方、いったん売り切れたとしても、今後も定期的に募集しますのでご安心を!

(じっくりゆっくり、書き進めてほしいです!)

BASEアプリで「お気に入り」登録しておくと、再販開始のお知らせがいくみたいです。

もしくは、Twitterでもお知らせするので、そちらでもぜひ。

▽他己分析レポートの販売ページはこちら
https://matsuokamiki.thebase.in/items/14428609

 

こちらの記事もどうぞ!

【販売中】やりたいことを見つける「自己分析ノート」をつくりました

2019年1月14日

自分の才能を見つける―中田敦彦さんの『天才の証明』で大事だと思った3つのこと

2017年11月5日

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク