生きづらさは、永遠に続くわけじゃない。自分があきらめない限り。

「どうしてこんなに、社会に適応できないんだろう」

と、思ってました。20代前半まで。

友達が盛り上がってることを、一緒におもしろがれない。

集団行動が苦手で、すぐに一人で行動したくなる。

どこに居ても居心地が悪くて、自分だけが周囲から浮いている感覚。

こんなに辛い毎日が、死ぬまで続くんだろうか…、と。

生きるのって、なんでこんな辛いんだろう。

みんな辛くないのかな。わたしだけなのかな、と。

***

結局わたしは、中学、高校、大学とその時々の応急処置みたいな生き方で、ふわふわと切り抜けてきた。

苦しさはずっと、常にあったけれど、どうにか逃れて、なんとか保って、生きてきた気がします。

でも最終的には会社に入ってその「どうにか保ってきたもの」が崩れ、いったん誰とも会わない毎日というダークサイドへ落ちるのだけど。

***

ただ、いま30歳を目前にして思うのは、昔ほど生きづらくなくなっているということ。

昔のわたしが苦しかったこと。

それは、

合わない集団の中で生き抜くしかないこと。

苦手なことをやらないと、周りについていけないこと。

自分のペースで進むのが許されないこと。

こういうのって、大人になった今はもう、あんまりないんですよね。

合わない場所は避ければいいし、

苦手なことはお金を払って誰かに頼めばいい

自分のペースで進んでも、誰かに咎められることもない

「大人になったら、生きやすくなるよ」

なんていうアドバイスは、あの頃のわたしにとって何の役にも立たないんだけど。

なんかそれでも、大人になるのは楽しいことだよと、伝えたくなったので書いてみました。

もちろん、伝えたい相手は、あの頃の自分。

大人って、楽しいよ。

生きるのって、悪くないよ。

きっとこれから、どんどん楽しくなっていくよ。

***

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

 

こちらの記事もどうぞ!

結果を急がず、他人と比べず、自分の道を歩むために。

2019年1月11日

HSPの特徴5つ&対処法まとめ*敏感な心を活かして自分らしく生きる

2018年1月11日

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク