怖いからって「変化」から目を背けないように

もうすぐライターをはじめて5年。

これまでも小さな変化を積み重ねてきたのですが、、

最近周りでじわじわと変化が起こっていて、自分も大きく変化することを迫られてるように感じます。

特にそう思うようになったのは、少し前に「チーズはどこへ消えた?」を読んだからかもしれません。

有名な本なんですが、読んですぐの時は正直「目新しい気づきはなかったな」と思ったんです。

しかし。

読んでからしばらく経ってから、

「あぁ、これもチーズのことだ」

「これもそうだ」

と、自分の中でいろいろと合点がいったというか。

***

読んだことのない人に向けて簡単に説明すると「チーズはどこへ消えた?」に出てくる「チーズ」とは、自分が手に入れたいと熱望するもの、手に入れてからは執着し続けるもののこと。

追い求めすぎるあまり、変化に鈍化になり、対応できず、その結果失ってしまうもの。

もしくは、手に入れたあと、あるのが当たり前だと信じたいがために、変化に気づこうとせず、衰退していくもの。

この本が言っているのは、とてもシンプルなことで。

自分なりにまとめるとしたら「変化に気づくこと、怠らないこと」という感じでしょうか。

自分の話に戻ります。

ライターをはじめてから5年間、このままのやり方ではマズそうだという小さな変化の芽が、自分の周りでじわじわと起こっています。

どう変わるべきなのか、まだ全然答えが出ていないんですが…

とにかく周りの変化をなるべく見逃さず、自分を適切な場所に配置できたらいいなと思います。

***

今回ご紹介した「チーズはどこへ消えた?」を読んで良かったなと思っていることが、もうひとつあります。

それは、何か変化が起こっているときに「これはチーズの話と似ているぞ」と思えること。

要するに、チーズの話に例えることで、ちょっと馬鹿らしくなるから、あまりネガティブにならなくてすむというか。いい意味で。

本の中に4人(正確には2人と2匹)の登場人物が出てくるのですが、自分は誰になりたいのか。このままだと誰になってしまうのか。

そんなことが、チーズの話を自分の身に起きる現実の話に投影することで、客観的に見えやすくなるような気がしました。

サクッと読める短い物語なので、気になったらぜひ。

スポンサードリンク