明日を、楽しみに。「NERUMAE NOTE」製作中です

3月中旬の発売に向けて「NERUMAE NOTE」を製作中です。

このノートは、ふたつめのオリジナル商品になります。

どうして作ろうと思ったのか、わたしが「NERUMAE NOTE」に込める想いを書こうと思います。

NERUMAE NOTEって、何のためのもの?

「NERUMAE NOTE」は、仕事や学校が終わったあと、寝るまでの間に自分と向き合う時間を持つためのノートです。

このノートで自分と向き合う目的は、ふたつ。

  1. 今日を整理して、スッキリした状態で明日を迎える
  2. 毎日自分を褒めることで、だんだん自分が好きになる

その日のネガティブな感情を抱え込むことなく、フレッシュに楽しみな明日を迎えられるようにすること。

また、1日を振り返って、自分自身を認める習慣をつけることです。

夜だからこそ、やってほしい思考整理

思考整理の習慣がある人は感覚的にわかるかもしれませんが、朝と夜の頭の使い方には違いがあると思います。

クリエイティブな考え事をするなら、朝の方がいい」というのは、よく言われることです。

一方で、夜はその日のいろいろな感情が、頭の中にフワフワしてる状態。

だからこそ、1日を振り返り、それらをまるっと含めて自分を認めてあげることが重要な時間だと思います。

そう思ったのには、自分の経験が色濃く影響しています。

毎日「自分なんて…」を繰り返して、つらくて、苦しい気持ちでいっぱいだった時期。

会社から帰っても、その日に起こったネガティブな出来事で頭の中がいっぱいで、不安が雪だるま式に大きくなっていました…。

そこで、わたしが実行したのが、ノートに書き出すことです。

  • 悲しいこと
  • ムカついたこと
  • 心配なこと
  • 不安なこと

誰かに見せるわけではないので、乱暴でも大丈夫。それをひたすらノートに書き出します。

「書いてどうにかなるわけじゃない」と、最初はわたしも思っていたんですが…

頭の中でこねくりまわすのと、紙に書きだしてそれを眺めるのでは、まったく気持ちが変わるのです。

ペンを滑らせて言葉にすることで、自分の気持ちが見えるようになる。

見えるようになると、少し距離を置ける。自分と切り離されたものになる。

とにかくネガティブな感情や気になることをバーっと書きだす。

その間は気持ちを抑えず、紙にぶつけるイメージです。

そして、頭の中のモヤモヤを書きだしたら…

次は「自分を褒めてあげたいこと」を書きだします。

  • 今日は初めての仕事を自分なりに精一杯頑張った
  • お皿洗いを後回しせずにやった
  • 気乗りしなかった飲み会を断れた

なんでもいいです。「今日は朝7時に起きられた」でも。

今日一日を乗り切った自分は、いろんなところで頑張っていたはずで。

それを他でもない自分がちゃんと「えらいぞ」「頑張ったね」と認めてあげる時間が、とても大事です。

(ちなみに、イライラしたり悲しかったりするままでは、この作業かなり難しいんです。だからこそ、最初のステップとして、ネガティブな気持ちを書き出すことが大事!)

最初はなかなか難しいかもしれないのですが、「こんなことで褒めていいのかな?」と思うことも書きだして、毎日毎日続けてみたら、やっぱりちょっと自分が好きになってくるんですね。

自分、思ったより気を張って頑張ってるんだな。

こんなに弱っちい自分がこうして生きてるだけで、えらいな、と。

そして、やっぱりこれも頭の中で考えるだけじゃなくて、ノートに書きだして言葉にすることが大事なんだと思います。

本当は、もっと自分を好きになりたいはずだから。

おわりに

現在イメージしている「NERUMAE NOTE」の機能は3つ。

  1. 頭の中のモヤモヤを書き出す
  2. 自分を褒めて好きになるためのメモ
  3. 明日の自分への伝言

最後の「伝言」は、今日学んだことや、自分が陥りがちな思考傾向を明日の自分へアドバイスするイメージです。

自分のこと、本当は自分が一番わかってるはずですから。

そして、この一連の流れが、毎日の日課になるような構造にしたいと思っています。

1日10分でもいいから寝る前に「NERUMAE NOTE」を開いて、思考整理をする。

明日を、楽しみにするために。

自分を、好きになるために。

毎日開きたくなるようなステキなノートにできるよう、がんばります。

 

 

スポンサードリンク