時間に追われる生活をしないために私が気をつけていること

私は時間に追われるのが苦手です。

私にとって「時間の余裕」はかなり重要で、時間に追われれば追われるほど苦しくなります。

そんな私が「時間に追われない生活」をするために気を付けていることを書いてみたいと思います。

疲れてぐったりした熊

 

「時間に追われるの苦手だ」と気付いたきっかけ

高校1年生になってすぐに、モスバーガーでアルバイトを始めたんです。

そこで初めて、「私は時間に追われるのが苦手だ」と気付きました。

ファストフードなので当然ですが、モスバーガーでの仕事は、かなり時間勝負です。

モスはお客さんの注文を受けてから作るので、注文→つくる→渡すという一連の流れをスピーディーにこなす必要があります。

しかも相手はお腹がペコペコなお客さん。「はやく!はやく!」という無言のプレッシャーもあります。
(勝手にそう思い込んでいた部分もありますw)

アルバイトを始めてすぐに悟りました。「この仕事は私には合わない……」と。

その後タイミング良く(?)部活で足を骨折したこともあって、モスのバイトは3ヶ月で辞めてしまいました。

 

時間に追われるのが苦手な超マイペース人間

モスでの経験によって「時間に追われるのが苦手」ということに気付いた私は、その後なるべく時間に追われないような生活を送るようになりました。

アルバイトも飲食店を避けて、なるべく時間に追われないようなものを選びました。

家族や友人からもよく言われていたのですが、私はおそらく超マイペース人間なのです。

マイペースと言うと「ゆっくり」というイメージを持つかもしれませんが、「マイペース=自分のペース」なので、自分で時間を管理したいというタイプだったのです。

そんな超マイペース人間な私にとって、今のフリーランスという働き方はめちゃくちゃ心地良いです。

この働き方、マイペースな人には向いていると思います。自分さえ頑張れば、時間に追われることが少なくなる働き方ですからね!

 

時間に追われないために私がやっていること

フリーランスでも会社員でも、自分次第では「時間に追われる生活」になってしまいます。

私が日頃から時間に追われないためにやっていることを挙げてみます。

 
1.スピード感覚が合う人と仕事をする

フリーランスの場合、ある程度は仕事相手を自分で選べます。

どんな人と一緒にお仕事をするかを考える時にはいくつかポイントがありますが、その中の1つに「スピード感が合うこと」があります。

返事がすぐに返ってくるとか、今後のスケジュールをシェアするとか、そういった点でスピード感が合う人です。

ある程度の幅で相手に合わせることはできますが、あまりにもスピード感が違うと、お互いにストレスになります。

 
2.納期よりも前倒しで納品する

昔から、宿題は早めに提出する方でした。今もそれは変わりません。

事情があってギリギリになることも、もちろんあります。しかし基本的には前倒しで納品します。

そうすることで時間的余裕が生まれて、新しいことにチャレンジしたり、自分の時間をとったりすることができます。

また、イレギュラーな案件や修正などに対応することもできます。

時間的余裕を持ったワークスタイルが、私には向いているようです。

 
3.人が急ぐような場所に極力行かない

仕事だけではなく、プライベートでも、なるべくゆったりと過ごしたいというのが私のスタイルです。

通勤ラッシュの時間帯の渋谷とか東京駅は、えげつないです。行くと100%消耗しますw

自分が急いでいなかったとしても、周囲の人が急いでいたら、自分も急がなきゃいけないような気持になってきます。
(周囲の影響を受けやすいのです)

だからこそ、自分をそういう場所になるべく置かないようにしています。

ゆったりした時間の流れるカフェとか、大好物です!!

 

以上、私が時間にゆとりを持った生活をするために心がけていることでした。

自分を置く環境は、自分で決めることができます。

どんな場所に身を置くか、どんな自分で居ると心地良いか、人それぞれ違うので、ぜひ考えてみてくださいね!

 

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク

疲れてぐったりした熊