人の顔と名前を覚えるのが苦手な私が、覚えるためにやっている3つの努力

写真 2017-02-04 15 12 32

人の名前を覚えるのが、昔から苦手です。

そもそも人の顔を見て話すのも、以前は苦手でした。顔を見てないから、顔と名前をセットで覚えられない。

さらに次に会った時に、着ている服が変わるともうサッパリ……。

そんな状況ではお仕事にも人間関係にも支障がでるので、人の名前と顔を一致させて覚えようと努力しています。

人の名前と顔が覚えられないと困ること

この先ずっと会うことのない人であれば、覚えられなくてもそんなに支障ないと思ってます。

でもお仕事で継続的にお付き合いがあるとか、今後もお付き合いしていきたいなって思う人とか、そういう時も覚えられないんですよね……。

顔はわかっても、名前があいまいなこと多数。「名前、間違ってたら失礼だな」と思うので、街中とかイベント会場とかで見かけても声かけられなかったり。

あと「お久しぶりです~!」なんて話してても、心の中は「あぁ…名前が出てこない…えーと、、」みたいな状況におちいってて、結局思い出せなくて話が終わっちゃうとか。

悪気はないし、「覚えなくていいや」とか思っているワケでもないのですが、結果だけ見れば「名前すら覚えてくれない人」になりかねないのです……。

このままではマズイと、わたしも努力しました。その中で人の名前と顔を覚えるために効果のあった3つの方法をご紹介します!

 

1.相手の名前をたくさん呼ぶ

初対面の時に、なるべく相手の名前を呼ぶようにしました。

覚えよう覚えようと思っても覚えられないけど、何度も声に出すことで印象が強く残るというか。

初対面の時って名刺を机の上に置いといてOKだし、万が一名刺がなくて名前を忘れかけても「えーっと、〇〇さん」と呼びかけて確認することができます。

初対面だし、たとえば「マツオカさん」を「マツウラさん」と呼び間違えても、「マツオカですよ~!ははは!」ぐらいですむじゃないですか。

あとデール・カーネギーさんも言ってましたけど、人は「名前」を呼ばれるのが一番うれしいんですよね。

※参考:人を動かす(D・カーネギー)

名前ってその人にとって特別な意味のある言葉だし、本名でもあだ名でも親しみをもって呼びかけられてイヤな気はしません。

どんどん名前を呼んで自分の脳に刷り込ませることで、相手との距離も縮まるかもしれないし、通常時より忘れにくくなります!

 

2.SNSなどでつながって相手を目にする回数を増やす

1回会っただけでは顔と名前を覚えられないけど、次に会うまでの間にSNSなどで何度も相手の情報を目にすれば、自然と覚えられたりします。

心理学でも「ザイアンスの単純接触効果」なんてものがありますが、例えば「マツオカミキ」の情報と出会う頻度が高ければ高いほど、「マツオカミキ」に好感を持ちやすい状況が生まれると言われているんです。

初対面の時にSNSでつながってしまえば、会っていない間も相手の情報に接する機会を持てます。

情報と出会う頻度が高ければ高いほど、相手に好感を持ちやすくなって自然と覚えるし、反復して記憶することができるから自然と名前と顔も一致していくということです。

「プライベートなツイッターやFacebookでつながるのはちょっと…」という人は、オープンなアカウントを作成しておくと良いかもですね!

 

3.会った直後に似顔絵を描く/特徴を書き出しておく

写真 2017-03-01 9 00 27

初対面で大人数の人と会う時とか、わたしにとっては本当にチャレンジングです。

この場合はもうその場で全部覚えるとか至難の業なので、会った後に時間があればサラっと似顔絵を描いて名前と紐づけたり(クオリティが低くても、自分が思い出せれば……!)、

もしくは名前と特徴だけメモをしておくとか。名刺があればその裏でも。

インプットして覚えようと思うから覚えられないのであって、一回アウトプットしてみると意外に覚えやすくなったりします。

最初に書いた「名前を呼ぶ」なんかもそうですね。その場でアウトプットする方が覚えやすいと思います。

ちなみにこの似顔絵(?)は、去年の秋ぐらいに描いたやつ……ほんと特徴だけね、とらえてればね、うん。

 

まとめ

名前が覚えられないせいで「人に興味がないんでしょ~?」とか言われたりするんですけど、いやたしかに人にそんなに興味がある方ではないんだけど、少なくとも「覚えたいし今後もお付き合いしたいな」と思ってはいるんです。

でも単純に名前と顔を一致させて覚えるのが苦手なので、こうやって小さな努力をしていて。。

わたしと同じように「人の名前が覚えられない!」という人は、この3つの方法を試してみてください。ちょっと覚えやすくなると思いますよ!

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク