ビジョン×短期目標、飽きっぽい人の目標の立て方

長期的な目標を立てるのが、苦手です。

「3年後に売上●●円」とか「将来的にこの人にインタビューしたい」とか、そういうやつ。

理由はたぶん2つあって、

  • 野心家ではない
  • 飽きっぽい

からなのかな、と思ってます。

行動や数字ベースで「長期目標」を掲げられない(or向いてない)ことがわかっているので、わたしは「ビジョン×短期目標」というやり方で進んでいます。

「目標」よりも「ビジョン」の方が達成しやすい

計画的な長期目標は持ち合わせていないのですが、もっと抽象的な「ビジョン」は持っています。

ビジョンとは、

  • 自分はどんな生き方をしたいのか
  • その生き方で何を達成したいのか

といったイメージです。極端な例で言えば、「世界平和」とか、そういう壮大なことを指すような。

達成しやすいビジョンの描き方

わたしが何度も読み返している本に「夢は大きいほど叶いやすい」と書いてあります。

ざっくりまとめると、こんな内容です。

  • 夢は大きいほど叶いやすい
  • 大きな夢=誰も描かないような壮大な夢
  • 大きくない夢=競争率の高い夢

しあわせになれる「はたらきかた」より)

わたしの職業で例えると、「一流の書き手になって本を出す」は競争率の高い目標な気がします。

一方で、書くことを通して「自分らしく生きたい人の背中を押す」だったら、叶う確率が高いと思ってます。

(そして、これが今のわたしのビジョンです。部分的には、もう叶ってます)

叶う規模の大小はあると思いますが、「まったく叶わない」なんてことはないはず。

では、このような「大きな夢=ビジョン」は、どう描けばいいのか?

もし、今「やりたいこと」がわからない人は、

  • 近い将来、どういう自分でありたいか
    (容姿・働き方・人間関係・環境)

を、描くところから。

今すでに「やりたいこと」がある人は、

  • その活動を通して社会に何をもたらしたいのか

を、考えてみるといいと思います。

ビジョンを目指すための短期目標の立て方

ビジョンがあれば、あとはそれに向かって、自分に合ったサイズの目標を立てていきます。

飽きっぽいわたしが気を付けているのは、

  1. 自分が持続可能な期間であること(短期集中型)
  2. 外的要因の数字ではないこと

↑の2つです。

特に「外的要因の数字」で目標を立てるのは危険だなと思っています。

例えば、ブログのPV数。自分が正確な予測が立てられるならばいいんですけど、たくさんの人に見てもらえるかどうかって、自分以外による要素が大きすぎます。

そうではなくて、わたしだったらこういう風に目標を立てるかな。

  • 今月はブログ20記事書く
  • ページ途中での離脱率を下げる

自分が動けばクリアできる目標の立て方が、おすすめです。

おわりに

「そんな大きいビジョン、描くの難しいよ」と思うかもしれません。

でも、最初は「自分のため」に描いた目標も「それは結局、社会にどういう影響を与えるの?」を考え続けると、自分のために留まることなく、もっと大きなインパクトを伴ったビジョンになります。

ちなみに、わたし自身のビジョンもまだまだ「ありふれたものだな」と思っているので……

もっと「誰も描かないようなオリジナルなもの」にしたいです。

すぐに言葉にできる類のものではないので、考えながらアンテナを張りつつ、言語化したいなと思っています。

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

 

今回ご紹介した本と、そのレビュー記事はコチラ

人生に疲れたときに何度も読み返す1冊の本から、胸に刺さる3つのことを紹介する

2017.11.07

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク