仕事は、楽しく生きるための手段でしかない【質問回答】

こんにちは、マツオカミキです。

ブログ読者さんから、こんな質問をもらいました。

\質問ありがとうございます!/

結論から言うと、わたしは「仕事=楽しく生きるための手段」だと思っているので、仕事の形態はあんまり気にしてないです。

正社員とか、フリーランスとか、フリーターとか、パートとか。

でも、なんとなくフリーターより正社員の方が良しとされる雰囲気とかは、わかります。わたしも、そう思っていた時期があります。

たぶん、その考え方が変わったのは、今もその「生き方」に憧れる「アルバイトで生計を立てるフリーターの友人」に出会ってからだと思います。

わたしが憧れる、フリーターの友人

その友人と出会ったのは、学生時代のアルバイト先でした。

どんな人だったかというと…

  • 2つのバイトを掛け持ち
  • ↑どちらも大好きな分野の仕事
  • すごく楽しそうに働いている
  • 30代後半女性(当時)

それと、以前は自分で小さな雑貨屋さんを経営していたんだとか。

いろいろあってお店をたたんだあとに2つのアルバイトを始めたそうで、とっても楽しそうに働いていました。

お店経営の経験を活かしてポップづくりなどで活躍していたのも、かっこよかったなぁ。

あえて社員にならなかった理由は、

  • 縛られたくない
    (残業・責任の重さ)
  • 自分の趣味の時間を大事にしたい

という感じだったと思います(直接聞いたことはないけど)。

当時「正社員として就職するのが幸せな人生」という超狭い視野を持ってたわたしは、ガツンと衝撃を受けました。

ちなみに、その友人とは今も仲良くしていて、会うたびに人生楽しそうで、とてもいいなぁと思ってます。

必ずしも仕事で自己実現しなくてもいい

結局「自分が楽しく生きる手段」としてフリーターを選んだのなら、それでいいと思います。

そうではなくて、イヤイヤやっているのだとしたら、もったいないかな。

もちろん、同じことが会社員にも、フリーランスにも言えますよね!

最近「好きなことを仕事に!」という「仕事で自己実現しよう」っぽい感じのメッセージが多い気がします。

一見、わたしもそういう発信をしてるように思われがちなんだけど、実際のところ、別に仕事で自己実現しなくてもいいと思ってます。

(嫌いなことを仕事にするのは辛いので、なるべく好きなことの方がいいとは思うけど…)

別に仕事が人生のすべてではないので、必ずしもそこに重きを置く必要はないかな、と。

おわりに

そういえば、ライター活動を始めた当初、知り合いに「それってバイトでしょ?」と言われたことがあったなぁ。

その時に「フリーとフリーターは、大した違いじゃないのかもな」と思った覚えがあります。

ということで、結論。雇用形態は重要ではない、と思ってます。

結局は、働き方も、仕事内容も「自分の人生を楽しくするための手段」ですよね!

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

感想や温かいメッセージ、嬉しく読んでます!励みになります!

こちらの記事もどうぞ!

誰からも必要とされてないと感じる人は「発信すること」を忘れてる

2016.12.01

人と関わるのが苦手な人が、生きやすくなるために知っておくべきこと

2018.08.05

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク