理解できないことを「なぜ?」とおもしろがれる人が、人生を楽しんでる

理解できないことって、いっぱいありますよね。

特に、人の考え方とか発言に対して、「どうしてあの人はそんなことを言うんだろう?」と思うことも多々あります。

ただ、どんな気持ちでそれを捉えているかが大事だと思うんです。

「そんなこと言うなんて、ありえない!説得しなきゃ!」と思うのか、「ほほう、そんなこと思うなんて、おもしろいですね」と思うのか。

p1050176

 

純粋な「なぜ?」という疑問は、プラスの結果を生み出す

私は昔から「世間一般の当たり前」を当たり前として受け入れることができず、いちいち「なぜなんだろう?」と考えてしまうタイプでした。

例えば、私が早稲田大学に入ったきっかけは、元をたどれば中学生の頃にさかのぼります。

今はどうかわかりませんが、私が中学生だった頃、女子って友達同士でこぞってトイレに行くんですよ。いわゆる連れションってやつです。

もちろん私もそういう状況に出くわすことが多くありましたが、私はこれに対して「なぜ?」って思っていたんです。

「なんで女子は集団でトイレに行くのだろう?そしてトイレの中で悪口を言うのだろう?」ってw

いろいろ理由はありますよね。「仲間はずれになりたくないから」とか「トイレという半分クローズドな空間で話すことで、愚痴を言いやすくなる」とか。

覚えている限り、私はこの「なぜ?」をきっかけに、集団心理学というものに興味を持ちました。

高校に入ってからもその気持ちは変わらず、集団心理学、社会心理学を学びたいと思い、早稲田大学教育学部社会科に行くことにしたのです。

だから、「なぜ早稲田大学を選んだんですか?」という問いに対して、嘘偽りなく答えるとしたら、「女子の連れションの真理が学べる大学を選んだら、こうなりました」ってことになりますw

この「なぜ?」という疑問は、別にその現象自体を否定しようするものではありません。

「私は1人で行動するのも好きだけど、なぜみんなは集団を好むんだろう?」という感じです。

自分と他人の違いを受け入れ、そこから「なぜなのだろう?」と純粋に考えることは、プラスの結果を生み出すと思っています。

中高生の時の私であれば「社会学を勉強したい!」という原動力に。
仕事上であれば「じゃあこの個性を活かしてやってみよう!」という考え方になると思います。

 

自分の当たり前は当たり前じゃない

私がライターサロンを開いた時、ツイッター上でチラホラこんな声をもらいました。

「他人に相談することなんてある?」
「自分のことは自分で決めようよ」

私は「他のライターさんと継続的につながって、質問や共有をし合うことで切磋琢磨しながら、この業界を盛り上げていきたい!」という思いからライターサロンをつくりました。

>>クラウドソーシングライター情報交換サロン

もちろん「みんなそう思ってるでしょ!」とは思っていなかったものの、上記のような意見をもらって「そうか、そういう風に思っている人もいるのか……」と軽く衝撃を受けました。

誰かと仕事の話をしたり、もし自分ができない案件があれば紹介したり、嫌なことや嬉しいことがあれば共有したりするのが、私にとっては「心地よいこと」なのです。

「でも、そうじゃない人もいるんだ!」と。

私はその違いを「おもしろい」と思いました。「なぜなんだろう?」は考えてもわからなかったので置いといて、もしそう思う人がいるとしたら、逆にこういう形で人とつながろうとする私の発想は、個性の1つなのだと思ったんです。

 

おもしろがった方が、人生楽しいじゃん

先日会った人から、直接「ライターサロンで継続的に他のライターさんと交流しようと思った理由はなんなんですか?僕にはその発想がなかったので、気になるんです!」と聞かれました。

こうやって「自分とは違う発想だ!なんでなんだろう、おもしろい!」と思える人って、絶対人生楽しんでますよね!

ちなみに私は「一体感ですかね。同じ時代を一緒に戦っている感じがして、楽しいんです。」と答えました。あくまで、私はそう思うということであって、それを人に押し付けるつもりはありません。

 

「私には理解できないけど、この違いっておもしろいな」と思えることは、あとあとプラスの結果を導くと思います。

そもそも理解できることや共感できることなんて、全体から見ればほんの少しだけしかないじゃないですか。全ての人を全力で理解するなんてとうてい無理です。

だったら、「なんでなんだろう?」とか「おもしろいな!」とか、そうやって思っていた方が、人生楽しいじゃん!

と、思っているというお話でした。

 

ライターサロンはまだまだメンバー募集中です!
>>クラウドソーシングライター情報交換サロン

 

▼私と同じように女子の集団に対する疑問を持ってた人は、この社会学本がオススメ。
難しくないですし、分量も少ないのでペロっと読めますよ!

 

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク