「ウェーイw」が苦手な私がオススメする、おとなしめな学生向きのバイト3選

写真 2016-11-22 12 09 50

ウェーイww みたいなノリが苦手です。

飲み会は嫌いじゃないけど、大勢でコールが始まった時の絶望感といったら……。

一歩バイト選びを間違えれば、毎日大勢で飲み会!オール!ウェーイ!みたいなことになり得ますよね。

ということで、おとなしめな私が経験した中で「ウェーイ系ではないバイト」のオススメ3選をご紹介します!おとなしめ学生の参考になれば良いな!

1.本屋さんの店員(おとなしめ度:★★★)

ダントツ書店員をオススメします。

そもそも働いている場所が本屋であり、静かな場所です。ウェーイってならない!

働いている人も本とかマンガが好きな人がほとんど。

学生だけじゃなくてパートの人とかもいれば、ウェーイってなる確率がさらにダウン!

ただしデメリットは、朝が早いということです。

本屋さんは朝早くから開いていることが多いですね。

わたしが働いていた本屋さんは8時オープンだったので、7時ぐらいにはもう店舗に居なきゃいけませんでした。

そうすると家を出るのは6時台ですね。それがつらくてやめちゃったんですけど……。

新刊に敏感になれるし、本に囲まれるのが好きな人にはオススメ。

2.スーパーやホームセンターのレジ(おとなしめ度:★★★)

レジのバイトもオススメです。東京だとニトリとかホームズのレジは時給1,000円ぐらいだったりしますし。

レジのお仕事は、パートさんが結構多いです。子どもがいるお母さんとか。

やっぱり学生だけじゃなければ、飲み会も少なかったりします。

わたしは島忠というホームセンターで働いていましたが、パート・バイトのうち7割ぐらいは主婦層で、高校生から大学生が残りの3割という感じ。

大学生も、人数が少なければウェーイってならないんですよね。

そこで知り合ったバイト仲間は、たぶん普段はウェーイって人たちだったとしても、人数が少ないのでバイトの飲み会はまったり系でした。

パートさんが多いところに行くというのも、ひとつの手です!

3.塾・家庭教師(おとなしめ度:★★☆)

大学生の鉄板バイトのひとつ、塾や家庭教師。

「大学生だけたくさん集まったら、飲み会激しいんじゃないの……?」

と思いがちですが、正直2つに割れます。

ウェーイ系と、おとなしめ系に割れます。

塾や家庭教師をやろうと思うのは、勉強が好きな人が多いですよね。

あと、「アドバイスしてあげたい!」というホスピタリティのある人も多いです。

そんな人たちの集まりですから、全員がイケイケっていうことはほとんどないと思います。

それと家庭教師については、もはやバイト仲間ができませんね。

自分がご家庭にお邪魔して、お仕事して、帰宅する。それだけ。

バイト仲間すらほしくない人には、オススメです。塾よりも効率よく稼げるよ!

【番外編】あえて体育会系のバイトに入ってみた結果……

「家から近いから」というだけの理由で、体育会系のバイトをしていた時期があります。

テニススクールの受付のバイトです。

バッチリ体育会系のテニスコーチ達と一緒に働きますから、飲み会も激しかったです。

テキーラ一気飲み……!なんて日常茶飯事。

しかし、逆にこういう体育会系バイトに「おとなしめ女子」が入るのはオススメできます

なぜなら「このおとなしい子に飲ませたら、かわいそうだ!」という雰囲気が発生するから……!

そう、わたしは意外にもこの体育会系バイトが一番居心地が良かったのです。

自分と違うノリの人たちを拒絶するのではなく、上手く溶け込んでいくのが賢い生き方だと悟りました。

もしおとなしめな人がフィットネスジムとか、テニススクールとかで働くなら、上手く世渡りすると良いよ……!

イケイケなバイトの代表格はコレだと思う

逆に「おとなしめな私は、ココでは生きていけない」というバイトをいくつかあげてみます。

  • ファーストフード:元気な人が多くて、ついていけず・・・
  • 居酒屋:やったことないけど・・・
  • 焼肉屋:イケてる人がやるイメージ・・・

実はカフェとかも、あやしいかなって思ってます。妹はカフェで働いていたのですが、なかなか。

(ちなみに妹はコミュにケーション能力高め。わたしとは真逆)

バイト仲間がいらないんだったら、試験監督とか採点バイトとか短期バイトをオススメします。

そして今回書いたバイトのイメージは、あくまでわたしの経験談によるものです!

ウェイウェイするのが主流な大学という世の中で生きづらさを感じる人にとって、参考になりますよーに!

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク