SNS疲れと私のツイッターに対する考え方と距離感

最近、SNSの使い方をちゃんと考えるようになりました。というのも、自分のバランスというか、サイクルが崩れる時って、絶対SNSとの距離感を間違えている時なんです。

「SNS疲れ」的なことは、距離感が近すぎて起こるものだと思います。

だからこそ、私は疲れる前に距離をとります。なぜそんなことを考えたのか、私のツイッターライフのプレイバックとともにお送りします。

151

 

ツイッターをビジネスで使う時に気を付けるべきこと

私がライターとしてのツイッターを始めたのは3月のことなんですが、今では情報交換や宣伝のために使うかなり重要なツールとなっています。

私の場合ライターとしてのFacebookやInstagramはやっていません。ライター活動の宣伝ができるのは、ツイッターだけです。

ツイッターを始めた3月はフォロワーさんもゼロでしたし、そこから3ヶ月ぐらいは本当に少数の人と交流していました。

ただ今では少しずつフォロワーさんも増えたことで、ツイッターを投稿する前に一呼吸置くようになりました。それまでは思ったことを垂れ流してたんですね、それも良くないんですけど。

(一呼吸置いている割には、どうでも良いツイートもしますけどね。にんげんだもの)

私はライター名でツイッターをやっているので、クライアントさんやランサーズ内部の方など、ビジネスで関わりのある方にも見られていることを自覚せざるを得ません。実際に「こないだこんなこと言ってましたね」みたいな話題になることもあります。

もちろん私だけではなく、ライター名でSNSをやってらっしゃる方や、そうでない方も意識するべきポイントですよね。鍵アカウントにしていない限り、誰にチェックされていてもOKと思っている情報を流す場所ということですから。

 

そんなことを考えた理由

こんなことを考えた理由は、最近読んだ2冊の本にあります。

まずはコレ。『5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?

「マネタイズか?死か?」って悲痛ですね。主に紙媒体のメディアとWeb媒体のメディアの話をしています。

その中で、こんな一節がありました。

「現代人は、ツイッター、フェイスブック、メールなどの発達で、どこにいても仕事や友人関係から離れられません。それはいい面もありますが、自分の思考を深める時間がなくなるという副作用を伴います。とくにウェブメディアの編集者は、ネット漬けになるリスクが他の仕事に比べ高いだけに要注意です。」(本書p178)

本当その通りです。編集者だけでなく、Webライターやブロガーにも言えることですよね。外から情報を得ることは本当に大事なんですが、それと同じぐらい自分と向き合う時間も大事なんです。

たぶんSNS疲れしてしまう方は、自分と向き合う時間が少ないのだと思います。

SNSだけではなくて、友達や家族など、人と一緒に居る時間が多すぎても、自分と向き合う時間はとれないのかもしれません。

たまには1人で、ゆっくり自分の思考を整理したり、自分の感情を味わう時間が必要なのではないでしょうか。

そして、もう1冊はこちら。『SNSポリスのSNS入門

いや~、ツイッターのタイムラインに流れてきて、気になって買ったら、おもしろくて一気に読みました。

ツイッターについて考えさせられます。いや、コミカルなんで単純にただただおもしろいんですけど、「本当そうだなあ」がたくさん詰まっている感じ。

 

SNSとの付き合い方は、定期的に見直すべき

SNSの使い方は定期的に見直すべきだと思います。

プライベート用だとしてもビジネス用だとしても、定期的にSNSとの距離感を見直さないと、いつのまにか自分が消耗している可能性があります。

先ほどご紹介した本『5年後、メディアは稼げるか』の中に、こんな一節がありました。

「コンピューターは電子のコカインである」
「脳は新しいものを求める傾向があるため、メール、電話、フェイスブックなどから次々ともたらされる新情報が気になってしょうがなくなるのです」

新しい情報が欲しいと思うのは人間の欲求だとしたら、それを外側に求めるのではなく、自分の内側に目を向ける時間を意識的につくることが重要だと思います。

距離感を上手く保てればSNSは楽しいし(批判があっても、ね!)、そうすることでSNSライフだけではなくリアルの生活も心が豊かな時間を送れるんじゃないかな。

▼ご紹介した書籍
5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?
紙媒体からWebメディアに移った人の考えを知ることができて面白かったです。当然すべてに賛同!というワケではありませんが、これまでの紙媒体とWebメディアの連結について知るのには良い教科書でした。

SNSポリスのSNS入門
基本はマンガです。それもかなりゆるめの。でも核心をついてます。早く読みたいですw

▼こちらの過去記事もオススメです。
人のSNSを見て気持ちが落ち込む人に気付いてほしいこと
生きてるだけで幸せを感じる毎日を実現するために必要なこと

▼サロンでSNSではできないぶっちゃけ話しましょう。
ランサーズなどのクラウドソーシングを使うライターさん向けの交流サロンがオープン!
 
———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク