「もう頑張れない」と思ったときに気づくべきこと

「もう頑張れない」

いくら頑張っても自分の理想や周囲の期待に到達せず、自分の中がカラカラに乾いていて、これ以上絞っても何も出そうにない。

これ以上はもう頑張れない」「もう何もかもやめたい

と本気で思ったことがあります。ちょっと過激な言葉を使うとすれば、死をイメージしたことも、何度か。

でも、そのときに “あること” に気づけたからこそ、今それなりに楽しく生きているわけで、今回はそれについて書こうと思います。

わたしが「もう頑張れない」と思った経験

子どもの頃から、ずっと生きづらさとともに育ってきました。

その話はこちらのブログに。

生きづらいのはアダルトチルドレンだから?克服した方法3ステップ

2016年6月14日

最初に「もう頑張れない」と本気で思ったのは、中学1年生のとき。

当時わたしは先輩からいじめにあっていて学校に居場所がなく、休みがちに。とはいえ、家庭の事情から家も「自分の居場所」として感じられず、「自分の生きている意味って何だろう」と考えていました。

次に思ったのは、社会人1年目のとき。

大学を卒業して入社した会社で、人間関係も仕事も何もかも上手くいかず、適応障害になって休職。みんなが当たり前にできることすら、できない自分。

「わたし、もう頑張れないな」

生きる意味がイメージできず、自分のいない世界を考える、暗い海の底をもがくような日々でした。

これを読んでくださっている方も、ひょっとしたら、そういう暗い日々の中にいるのかな。

「もう頑張れない」と思ったときは “既に頑張り過ぎ”

今だからわかることですが、「もう頑張れない」と感じるときって、既に頑張り過ぎだったんだな、と。

それなのに「まだ頑張らなきゃいけない」と思っているから、「もう頑張れない」につながっていく。

だから、必要なのはもっと頑張ろうとすることではなく、頑張るのをやめることであり、頑張らずにすむ方法を考えることなんだと思います。

…でもきっと、あの時の「もう頑張れない」と思っている自分に、

「いや、あなたはもう頑張り過ぎてしまっているから、頑張るのをやめましょう」

と言っても、きっと信じてもらえないだろうな。

いやいや、周りと比べたら自分なんて全然頑張れてないし、それなのに「頑張り過ぎ」だなんて、そんな風に思えないよ…って思う気がします。

でもココに、「もう頑張れない」と思ってしまう人の傾向があるのかな、と思っていて。

「頑張れているかどうか」を他人と比較する必要はない

みんな頑張っているのだから、自分ももっと頑張らなきゃ

って、よく思っていました。

そもそも自分は要領が悪く、人一倍頑張らないと “みんな” と同じにはならないし…って。

一方で、周りの人よりも疲れやすいような気もしていて、頑張らなきゃいけないのに、思ったように頑張れない…とジレンマを抱えていました。

※後に疲れやすい気質なのだと納得したので、その件はこちらの記事に。

【HSPの特徴5つ&対処法まとめ】敏感な心を活かして自分らしく生きる

2018年1月11日

結局、頑張るためのエネルギーの総量も、疲れやすさも人によって違うんですよね。

だから、「もう頑張れない」という思考の根っこには、他人と比べて劣っている自分への焦りがあるのかな、と。

焦って、頑張って、頑張り過ぎて、自分が空っぽになっていく。

人生って、みんなと同じように生きることが目的じゃない。

生まれて、時間を過ごして、寿命になったら終わる、ただそれだけ。

だったら誰かにあわせて頑張る必要なんてないのかも、と思ったんです。

もう頑張れない人へ、頑張らなくていい方向へ進もう

結局わたしはどうしたかと言うと、自分を頑張らせなくてすむ生き方を考えるようになりました。

「もう頑張れない」と思ってしまうほど頑張り続ける人生なんて楽しくないし、結局いつかは死ぬのなら、もうただただ楽しく生きていたいな、と思ったから。

あまり人と会わなくていい働き方に変えて、自分で仕事量や働く時間を決められる裁量のある仕事にして、人付き合いも本当に心地よいと感じる友人達だけにして。

「どうしたら頑張らなくて良いかを考える」というと、なんだかすごく怠け者みたいなのだけど…(実際そうかもしれないけど)。

でも、「頑張り」の方向性って、本来はそうあるべきじゃないかなと思うんです。

自分をラクにするために頑張る。楽しくするために頑張る。

だから、頑張ること自体に自分が疲弊してしまうのだとしたら、それは頑張り方や方向性が間違っているのかもしれません。

「もう頑張れない」と思った人は、既によく頑張っていて、これからは頑張らない方法を探っていってほしいな…

と思って、ここまで書き記してみました。何か参考になったら嬉しいです!

 

自分と向き合う文具ブランド『じぶんジカン』運営中です

「自分のやりたいことって何だろう?」「自分らしい働き方って何だろう?」

『じぶんジカン』は、自分について考える時間をつくるノートを企画販売しているお店です。

自分と向き合うきっかけに、どうぞ!

じぶんジカンSHOP│BASE

スポンサードリンク