「お金がないから」という理由で目を逸らしているものは何ですか

「お金がない」「時間がない」「才能がない」

時にこういう言い訳をしたくなる時があります。

何かが足りないことに悩むこともあると思います。

でも、その悩みや言い訳が「本当の考え」を隠すための隠れ蓑だとしたら?

p1050222

目を逸らしたくなる本当の課題

「人は、自分らしく生きるのがこわいんだよ」

私の尊敬する方が私に教えてくれたことです。

この言葉を言われた時の私は、今の私からすれば「え、そんなことで悩んでたの?」と思うようなことで悩んでいました。

その時は本気で悩んでいたのです。もう毎日泣きたくなるほど。

そんな悩みを相談した時に、もらった言葉。

「人は、自分らしく生きるのがこわいんだよ。本当はやりたいことが自分でわかっているけど、それをすることで失うことがあるのもわかっていて。だから別の悩みをつくって、言い訳にするんだよね。」

たぶん、図星でした。

その時は「自分のやりたいこと」なんてわかっていなかったし、本気で悩んでいたのだけど、そう言われるとなんとなくギクリとする部分があったんです。

何をすべきか、どうすべきか、何をやりたいのかという答えはいつだって自分の中にある。自分と向き合えば、それは自ずとわかる。

ただ「自分のやりたいこと」をしようと思ったら、現状を変えなければならなくなる。

変えるということは何かを失って、何かを手に入れるということであって、その瞬間は不安定になる。

人は不安定を嫌うから、現状の安定を崩すことをためらう。

一瞬は不安定になっても、その先もっと生きやすいステージが待っているかもしれない。

それでも、一瞬の不安定よりも「現状の不満足な安定」を選びがちなんだと思います。

「本当にやるべきこと」がわかってしまったら、安定を崩すことになる。それはある種の恐怖で、本能的に避けたいものなのかもしれません。

だからこそ、「現状にとどまるための言い訳」を考えます。

手っ取り早い言い訳が「お金」「時間」「才能」なのだと思います。

お金がなければできないなんてウソ

今はお金がないから、時間が無いから、才能がないから、

「本当は○○がやりたいけどできないんです」

それは大きなウソ。そして本当は自分もそれをわかっていて、不安定なステージに進めない苦しさを味わっているのだと思います。

別の悩みを作り出すことで本題から目を逸らすのではなくて、「じゃあどうしたらできるかな?」を考えることをオススメします。

現状ゼロの状態から、急に完璧パーフェクト100点な状態にしようと思うから、言い訳したくなっちゃうんです。

お金がなくてもできる一歩が、時間を捻出するための一歩が、絶対にあるはずです。

それと、「才能がないから」は絶対に言ってはいけない言い訳です。

「才能」というものは、たしかに存在するんだと思います。

とは言え、結局「才能」だけでやっていけるはずもなくて、当然「努力」も必要になるワケです。

自分なりに工夫して、目的達成のための努力をして、それでもなお届かない世界があるのなら、それは「才能」によるものなのかもしれません。

でも「才能」は本当に最後のスパイスみたいな部分であって、その有無は「言い訳の理由」にはならないと思います。

自分が自分に「キミにはできない」なんて言ってしまうのは、一番悲しいことです。自分は自分を一番応援してあげる存在であるべきなのに。

 

不安定の中に突っ込んでいくのは、たしかにこわいかもしれない。

おそらく今持っているものの中から、何かを手放すことにはなる。

安定にとどまるか、不安定に突っ込むか、どちらの生き方を選ぶかは自分で決められる。

 

私はこわくても、何かを失っても、自分に正直に泥臭く生きていきたいです。

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク