ランサーズなどのクラウドソーシングを使うライターさん向けの交流サロンがオープン!

ここのところ、ランサーズ等のクラウドソーシングを使うライターさんたちと積極的にお話しする場をつくってきました。

ランサーズを使って月収50万円を稼いだ主婦:吉見夏実さん(@NatsumiToshi)とお話ししたり、複数名でGoogleハングアウトを使ってお話ししてみたり。

私は人脈もツテもない状態からランサーズを使ってライターを始めて今に至るので、お仕事の仕方とか、クラウドソーシングについて思っていることを、他のライターさんと話してみたい!という気持ちがあります。

そんな気持ちから「ライターサロン」なるものをつくってみたので、ご紹介したいと思います。

148

 

クラウドソーシングライター情報交換サロンって何?

ライターさんと一口に言えど、さまざまな働き方があると思います。

企業内で文章を書いているライターさん、
紙媒体メインで活動しているライターさん、
Web媒体メインで活動しているライターさん、

そんな中でも、私自身がランサーズというクラウドソーシングを使ってライターを始めたことから、クラウドソーシングを利用しているライターさん向けのサロンを運営したいと思いました。

私の場合、クラウドソーシングを利用している人が周囲におらず、クラウドソーシングに関する情報交換ができないこと。

また、自宅だけでも仕事ができてしまうので、孤独であること。

ツイッターなどで他のライターさんと交流することはできますが、公にできない話もあること。

「どうにかして、誰でも入れるけどクローズドな感じの交流の場をつくれないかなあ」

こんな気持ちから、ライターサロンをつくることにしました。
>>クラウドソーシングライター情報交換サロンはコチラ

 

サロン制作の裏話

正直、オンラインサロンって影響力のある人がやっているイメージだし、審査で落ちるのでは……?と思っていました。

サロン開設の申し込みは誰でもできるのですが、そのあとに審査があるんです。審査基準は公開されていませんでした。

とりあえずダメモトで申請してみると、数日後審査通過の連絡が!理由はわかりませんが、とにかく第一ステージクリアです。

その後、バナーはシナプスのデザイナーさんが作成してくださいますが、サロンの紹介文言は全て自前で準備です。

そもそもオンラインサロンの存在ってつい最近まで知らなかったし、「なんじゃそりゃ」の状態だったので、既にサロンを運営していらっしゃる先輩のサロンへ入会。サロン開設に関しても、相談に乗っていただきました。

ちなみに私が入会したのは、吉見さんのWebライター養成塾です。

こちらは個別の面談等もやっていらっしゃる、完全サポート型のサロンですよ!サロン内で共有される吉見さんのノウハウも、とても参考になります。

あとはオンラインサロンのプラットフォームを運営されているシナプス編集部さんの助けもあり、なんとかライターサロンを開設することができました。

 

お金儲けのためのサロンではない

わざわざ有料のオンラインサロンという選択肢を選んだのには理由があります。


1.有料にすることで、ある程度クローズドな空間をつくりたかった

誰でも参加できるような場所だと、本音の話はしにくいのです。

実際のところ、前述の吉見さんのサロン「Webライター養成塾」でも、吉見さんはSNSでは言わないような話を投稿しておられます。

SNS上で交流するのは、誰に見られているかわからない空間ですから、一応そこの配慮が必要になるんですよね。
サロンは、顔が知れている人たちと、クローズドな空間で、本音で語り合う場所にしたいと思っています。
※そのため、入会時の自己紹介を必須条件としております。

2.サロン運営費とプラットフォーム代として
有料で交流の場をつくるのにはいくつか選択肢がありましたが、お支払いや運営管理などをしてもらえるSynapse(シナプス)というプラットフォームを選びました。

私も本業はライターや英語講師なので、手間がかかる部分をシナプスさんにお願いした形です。

シナプスというプラットフォームを利用するのも無料ではないので、会員のみなさまに月額で入会していただく必要があります。

ちなみにライターサロンの月額は300円ですが、これはシナプス側で設定できる月額の下限です。

3.継続的な交流の場をつくりたかった
ランサーズの交流会に出席してみたこともあるのですが、その場でライターさんたちと名刺交換したりお話ししたりしても、結局その場だけの関係になってしまうことがほとんどでした。

ハングアウトもそうですが、その1回限りの情報交換にするのではなく、継続的に切磋琢磨しあえる関係を築く場所がつくれればと思いました。

ちなみに月額を頂く以上、私もサロン上で価値を提供していく次第です。詳細はサロンページに書いてありますので、気になる方はどうぞ!
>>クラウドソーシングライター情報交換サロンはコチラ

 

オンラインサロンってどんな感じなの?

私もオンラインサロンに入ったことがなかったので、内部がどんな感じになっているかまったくわかりませんでした。

どんなことをしているのかわからないと、入会しづらいですよね。ライターサロンはまだ始動前ですが、どんなことをやるつもりなのか少しご紹介してみます。

サロン内はFacebookと同じようなイメージです。投稿ができて、全てのメンバーがコメントや「いいね!」をすることができます。

149

ここに質問を記載して投稿したり、共有したいことを投稿します。

また、運営側から提供するスレッドもあります。

150

※既にオープンしましたので、今後サロン内の情報はすべて外に出しません(もちろんキャプチャも)。

 

需要はあるのか?メンバー募集中!

正直まったく需要があるのかどうかわからないままの発信となりました。

サロンオープン前にツイッター上で興味を持ってくださる方はいらっしゃいましたが、実際に入会してくださる方はいるのか?まったくわかりません。

8月中はまだ開始前期間ですので、無料となっております。雰囲気を見てから月額で入るかどうか決めたいと思っている方は、8月中に中を見てみると良いかもしれません。

入会時に自己紹介を必須にしておりますが、8月中は完全なクローズド空間とは言えないので、9月に入った時点でしていただいても大丈夫です!

サロンについて気になることがあれば、TwitterでDMいただければ回答します!

ぜひよろしくお願いいたします♪
>>クラウドソーシングライター情報交換サロンはコチラ
 
———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク