飽きっぽい、熱しやすく冷めやすい、それでも良いじゃん。

私は、自他ともに認める「飽きっぽい人」です。

数年間とかの長期スパンで何か1つのことに熱中したことが、ほとんどないです。

ガッ!と集中力を発揮して、自分が納得できたら、違うことに興味がいってしまいます。

熱しやすく冷めやすい。良く言えば、好奇心旺盛。旺盛すぎるほどに。

p1040985

 

飽きっぽいから、1つのことが長続きしない

「もう飽きたの!?」って、かなりの回数言われてきたような気がします。

例えば、一時期めちゃくちゃハマっていたマンガが、完結する前に飽きるとか。
(ワンピースとか、コナンとかは完全コレ。めちゃくちゃ好きだったんだけどね)

「おもしろそう!」って思って始めたことで、一定の結果が出たら興味がなくなるとか。
(ギターなんかは、まさに。数曲弾けるようになったら、満足してしまった……)

あとは、1つのものに全力を入れ込むっていうこと自体が苦手なのかも。前も書きましたが、バイトとか、友達グループとか、1つの人間関係に拠点を置くっていうこともしてこなかったです。

※過去記事参照:生きにくいなら学校や会社に帰属意識を持たなくたって良い

そんなワケで、何か1つの物事に数年単位で熱中するということが苦手です。

 

そこそこにやってる方が長続きする

熱しやすく冷めやすいので、逆に「そこそこにやっていること」は長続きしやすかったりします。

週2~3回のランニングは、もう10年近く続けています。

昔から年に2回ぐらいしか会わない友達は、もう20年近くの仲になります。

だから、すべての事が長続きしないというワケではありません。

自分のそういう特性を理解しておくことが、大事だと思っています。

 

抑え込むのではなく、活かす!

以前は「飽きっぽいとかダメだよなあ。直したいな」と思っていましたし、「1つのことを長く続けられる人はカッコイイなあ」とも思っていました。

……今でも1つのことだけに長く熱中できる人はスゴイなあと思っています。「この道何十年!」とか聞くと、「カッコイイな~」と思います。

世間一般的に見ても、「飽きっぽい人」よりも「継続できる人」の方が、重宝されることも多いでしょう。

しかし、今の私は「飽きっぽい」は個性だ!と思っています。

この飽きっぽさを無理やり抑え込んだところで、自分自身が辛くなるだけです。

だったら、この個性を活かしてみましょう!

好奇心を持っていろいろなことにチャレンジできるのは、飽きっぽい人の魅力です。

飽きっぽいゆえに、フットワークが軽い人も多いと思います。

 

「おもしろそう!」と思う軸は、誰しもが持っているのだと思います。

自分の琴線に触れるもの、自分がワクワクするものには、自分なりの判断基準があります。

ちなみに私は『「私」を残すこと』にワクワクするようです。これは、子どもの頃からずっと同じです。

その判断基準がわかっていると、なおさらこの個性を活かしやすいかもしれません。「自分のやりたいこと」がわかっていた方が、「熱しやすい」という自分の特性を存分に活かせるからです。

 

飽きっぽくても、良いじゃないですか。

熱しやすく冷めやすくても、良いじゃないですか。

それも1つの素敵な個性です。

その個性を存分に活かして、ワクワクすることにどんどんチャレンジしてみましょう!

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク