アンチがいるっていうことは、私らしく生きている証拠だと思う

34

人生を振り返ってみると、「自分らしく生きているな」という実感があったときには、いつだってアンチがいました。

アンチとは「マツオカさん、嫌い」っていう人のことです。

逆に会社員時代は、嫌われるのを恐れて猫をかぶっていたから、苦しかったんだと思います。

せっかくなので、これまでの「マツオカ VS. アンチ」の戦いの歴史を振り返ってみました。

先輩に嫌われ、自分の上履きが水浸しだった中学での戦い

程度の差こそあれ、いじめにあった経験がある人って結構いるのかもな~と思っているんですが、

わたしは中学生の頃、先輩からのいじめにあいました。

中学一年のときから生徒会に入って目立っていたので、「何あの一年生」的な感じで目をつけられたんだと思います。

ある日の朝、下駄箱で自分の上履きをはこうとすると、私の靴箱だけがバケツで水をかけられたような感じで水浸しに。。

……ふつうこんなことがあったら、メンタルやられるんだと思うんですけど、当時のわたしは心が強かったのか、悲しさや恐怖よりも、真っ先にこう思いました。

お母さんが一生懸命働いたお金で買ってくれたのに、許せない……!」(うち、母子家庭なので余計になのかもしれません)

だから泣き寝入りせずに、先生と一緒に戦った覚えがあります。強いな、中学の自分。

あとは、体育倉庫の裏に呼び出されて、蹴っ飛ばされたこともあります。マンガかよっ

「絶対負けない」と思っていたので、どれだけいじめても泣かずに学校にくるわたしを見て、先輩たちはおもしろくなかっただろうなと思います。

怖がって生徒会をやめることもせず、むしろ選挙に勝ってしっかり生徒会長まで勤めました。やりたいことを実現するために。

いや~、鋼メンタル。

裏掲示板に「マツオカさん嫌い」と書かれた高校での戦い

わたし、マツオカさん嫌い

高校生の頃、学校ごとの裏掲示板が流行っていました。匿名で学校の話をする掲示板です。

そこで書かれたのが、冒頭のコメント。

当時も自分らしさ全開!で生きていたので、「わたしのこと嫌いなんだろうなぁ」と思う人がまわりにいっぱいいました。主にあんまり近しい関係にない女の子たちです。

ちょうどねー、モテ期だったんですよね……。絶世の美女だったら書かれなかっただろうけど、「なんでマツオカさんが」と言いたくなる気持ちも、まぁわかります。

でも、わたしはモテ期を楽しみたかった……!

ということで、このように書かれたからといって、何か特別好かれるような努力はしませんでした。

人の顔色をうかがって過ごすぐらいだったら、嫌われようが何だろうが自分らしくいたほうが良いと思って。

実際、「その潔さが良いね!」と言ってくれる友達も多くいましたし、わたしにはそれで十分でした。

友達からは「ミキ、帰り気を付けた方が良いよ。マツオカミキ被害者の会に刺されるよ(笑)」と冗談で言われていました。今思えば、刺されるほど嫌われるってヤバい……w

アンチとの戦いを振り返って思うこと

振り返ってみて、やっぱりあの頃って輝いていたなあ……!と、思いました。

嫌われることをおそれず、自分らしく生きていた過去の自分は、本当に輝いていました。

「自分の好きなように生きていると、2割はファン、6割は無関心、2割はアンチになる」と、先輩から言われたことがあります。本当にそうだなあと納得。

ファンになってもらうためには、自分の意見を発信する必要がある。

自分の意見を発信すると、アンチになる人もいる。

アンチがいるということは、私にとっては自分らしく生きられている証拠なのかもしれません。

万人に受けるのは不可能だし、嫌われるのを恐れて縮こまってるなんてもったいない。

私はのびのびと、私らしく発信するのみです。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク