「アンチがいる=私らしく生きている」という方程式

先日掲載した記事「楽しいことで食べていくなんて無理?それって甘えてる?」を書きながら、否定されることについてちょっと考えるところがありました。

これまでの人生の中では、アンチとの戦いが頻繁に発生してきました。

今思い返せばそういう戦いの中では多くの学びがあったし、その時々は少しメンタルにくるんだけど、結果的にはとても良い経験となるということを知っています。

逆に会社員だった頃は嫌われるのを恐れて、自分のとんがった部分を隠していたから苦しかったんですね。

今は遠慮なく自分の意見を発信できているので、とてもラクです。自分のこれからの参考にするためにも、これまでのアンチとの戦いを振り返ってみました。

34

自分の上履きだけびしょ濡れ―中学での戦い

程度の差こそあれ、いじめにあった経験がある人って結構いるのかもしれません。私は中学生の頃、先輩からのいじめにあいました。先輩からいじめられるっていうのは、珍しいかもしれませんね。

理由は明確で、私が1年生の頃から生徒会に入って目立っていたからです。絵に描いたような優等生だった私は、先生の推薦で1年生から生徒会に入りました。行事ごとで前に立って話したり、色々と目立ってしまったんですね。

先輩たちは1年生が目立っていることをおもしろく思わなかったんでしょう。

ある日の朝、学校の下駄箱で自分の上履きをはこうとすると、私の靴箱だけが水浸し……。

当然上履きははける状態ではありませんでした。

この時の私のメンタルは、今思い返しても相当強かったです。悲しさとか、恐怖よりも先にこう思ったんです。


「お母さんが一生懸命働いたお金で買ってくれたのに、こんなことするなんて許せない……!」

(うちは母子家庭なんです。この話はまた別の記事に書きます)

漫画でありがちな体育倉庫の裏に呼び出されて、おなかにキックを食らったこともあります。

この時は「漫画の読みすぎだろ!」と突っ込みたくなりました。

さすがにいじめグループの先輩たちに向かって反論したりはしませんが、泣きもしないし、どれだけいじめても学校にくる私を見て、おもしろくなかっただろうなと思います。

そのあともまあ色々あったんですが、結局のところ同級生や先生、信頼できる先輩方に支えられて、いじめに耐えつつもなんとかやっていけました。

怖がって生徒会をやめることもしませんでした。むしろ選挙に勝ってしっかり生徒会長まで勤めました。

いや~、鋼メンタル。

中学生の頃のアンチとの闘いの概要は、こんな感じ。

ネットに「マツオカさん嫌い」―高校での戦い

「私マツオカさん嫌い」

高校生の頃、「○○と~く」っていう高校の裏掲示板が流行っていたんです。匿名で学校の話をする掲示板のことです。そこで書かれたのが、冒頭の一言。

実際は、一言では済みませんでしたし、そう思っている人が複数人いたことを、私は知っています。女の子の情報ネットワークって、すごいですからね。

こう書かれてしまった理由もまた明確なんです。

これが書かれたのは高校1年生の時。人生に3回しかこないというモテ期のうちの1回がちょうどきている時でした。
(数少ないモテ期なんだから、気持ちよく味わったって良いじゃん……)

絶世の美女だったら書かれなかったかもしれませんが、フツーレベルな私だったがゆえに「なんであんな子が?」と言いたくなる気持ちもわかりますが……。

このように書かれたからといって、何か特別好かれるような努力はしませんでした。
(男の子と話さないとか、そう書いている子にへりくだるとか)

人の顔色をうかがって過ごすぐらいだったら、嫌われようが何だろうが自分らしくいたほうが良いと思ったからです。

実際、「その潔さが良いね!」と言ってくれる友達も多くいました。私にはそれで十分でした。

毎日のように友達には「ミキ、帰り気を付けた方が良いよ。マツオカミキ被害者の会に刺されるよ(笑)」と冗談で言われていました。言われるたびに、えっそんなに嫌われてる?と思っていましたがw

アンチとの戦いを振り返って思うこと

何度振り返っても思うことですが、やっぱりあの頃って輝いていたなあ……!

嫌われることをおそれず、自分らしく生きていた過去の自分は、本当に輝いていました。

メンターから「自分の好きなように生きていると、2割はファン、6割は無関心、2割はアンチになるよ」と言われ、本当にそうだなあと納得。

その法則の根拠が何なのかは聞きませんでしたが、実感としても「そういうもんだろうな」と今も思ってます。

ファンになってもらうためには、自分の意見を発信する必要がある。自分の意見を発信すると、アンチになる人もいる。

人にはいろいろな意見があって、万人受けする意見を出すなんて不可能。もちろん、私には全然理解できない意見もある。

でも、その人たちが私と同じように考えるようになれば良いとは思ってない。「そういう人もいるんだな」、で終わり。

アンチがいるということは、私にとっては自分らしく生きられている証拠なのかもしれません。

万人に受けるのは不可能だし、嫌われるのを恐れて縮こまってるなんてもったいない。

私はのびのびと、私らしく発信するのみです。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク