「ムリだよ」と言ってくる人たちの言葉は、聞かなくても良い

p1040957

「あなたにはムリだよ」と言われたら、わたしは少なからず傷つきます。

でも真に受けて、傷ついて、落ち込む前に、一歩立ち止まってみます。

あの人は、なんで「ムリ」って言ったんだろう?

ムリかどうかなんて、やってみないとわからない

わたしは長い間、大学受験生向けの塾講師をしていました。

進路を決定する時期になると、必ずこういう相談を受けます。

「○○大学を目指そうとしていたのですが、自分にはムリなので、志望校を変更しようと思います」

わたしから見れば、今から頑張れば全然ムリじゃない生徒たちです。

「なんでムリだと思うの?」と聞いてみると、こう言います。

「学校の先生が、おまえにはムリだって」

この言葉を聞くたび、本当に悲しくなります。なんでそんなこと言っちゃうんだろう。

こういう相談を受けたら、「なぜムリだと言われたのか」「じゃあどうすれば実現できるのか」を生徒と一緒に考えます。

ムリかどうかなんて、やってみないとわからないのです。

やったことない人がアレコレ言うのは簡単

さっき書いたのは大学受験における話ですが、こういうシチュエーションって本当に多いです。

誰かに「ムリ」と言われた

もしくは一般的にムリだと言われている

さらには誰かを見ていて「コレは自分にはムリだ」と勝手に思ってしまう……

そして「ムリだ」とあきらめた人々は、今度は他人に対して「そんなのムリだよ」と言うようになります。

「ムリだよ」の再生産です。永遠に終わらない悪循環です。

しかし気付いてほしいのは、そういう人たちは「あきらめた人たち」だということです。

自分がやったことがないから、「そんなのはムリだ」と思っているのです。

もしくはちょっとやってみたけどダメだったから、そう言っているのです。

こういう人たちはコンプレックスを抱えていて、自分がムリだと思っていることを誰かに実現されると困るのです。

自分ではそう気づいていないとしても、心の中ではそう思っているはず。

そんな人の言うことを信じるの?

これから頑張ろうとしている自分を信じずに、「あきらめた人」の言葉を信じちゃうの?

とりあえず、外に出てみれば?

誰だって失敗したくないのです。

真剣に考えているからこそ失敗したくなくて、失敗しないために他人の意見を聞きたくなります。

もちろん他人に意見を聞くことは大事だし、アドバイスをもらうことも大事です。

でも、聞く人は選ばなければなりません。

大人や先輩ならば誰でも良いってワケではなくて、自分が実現したいことを実際に成し遂げた人に聞くべきです。

それと、人に聞けばマイナスの意見もプラスの意見も返ってきます。

それを受け止めて、最終的に決めるのは自分です。他人基準で人生を決めてはダメです。

それに、もし道を間違ったとしたって、人生がゲームオーバーになるワケじゃないんですよ。

常に正解ばっかりする人生なんてあり得ません。トライ&エラーで試行錯誤です。

「ムリだよ」と言われたからってムリだと決めず、「どうしたら実現できるか」を考えましょう。

わたしもたくさんの「ムリだよ」を浴びてきましたが、結局はやったもん勝ちなのです。

「ムリだよ」と言われても、やってみる。成功すれば嬉しいし、失敗したら「じゃあどうしたら実現できるか」を考える。

とりあえず、まずは動く。

こうやって前に進むのは、ワクワクするし楽しいですよ!

 

勝手に自分に限界をつくってしまう人には、コチラの本をぜひ読んでみてください。

「どうせ無理」と戦い続けて、その「無理」を実現した人の話です。

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク