批判ばかりする人の3つの心理と嚙みつかれた時の対処法

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-18-21-42

「それは違うよ!こう考えるべき!」みたいな批判をよく耳にします。

批判って、良い批判と悪い批判があると思うんです。

その間にあるものは、自分と他人は違うと認識できているかどうかの違いです。

良い批判に出会えるのは本当に稀で、日常的に耳にする批判は悪い批判や意味のない批判が多いです。

今回は批判ばかりする人の3つの心理と、自分がそういう批判に出会ってしまった時の対処法を考えてみたいと思います!

1.自分が否定されたと感じている

特定の個人ではなく大勢に向けて発信された言葉に噛みつく人は、その言葉を受けて「なんでそんなこと言うの!ひどい!」と傷ついてしまった人です。

実際はその人を否定した言葉じゃなかったとしても、自分のことだと思って受け取ってしまいます。

自分が否定された→反論しないと否定された自分がかわいそうだ→相手を強く批判する

こんな感じ。

それと同じように「~と一緒にされたくない」という理由で意味のない批判をしてしまう場合もありそうです。

例えば私はWebライターをしていますが、最近ちょっと話題になっているような情報に信憑性のないWebサイトのせいで「Webライターは、こういう記事を書いているんだ」とか思われてしまったら、「違う違う!一緒にしないで!」と思っちゃいます。

でもその気持ちをそういったWebサイトで書いている人にぶつけても、根本的な解決にはならないですよね。

意見を表明するのは良いと思うのですが、個人を攻撃的に批判して自分を守ろうとするのではなく、自分はそうではないことを行動で示す方がよっぽど良い思います。

ちょっと話が脱線しましたが、もし「なんでそんなこと言うの!ひどい!そっちこそ間違ってる!」と批判してくる人がいたとしたら、その人は勝手に傷ついてしまっているので、議論をしても建設的ではありません。

本当の意図がどういうものだったかを説明するか、「あなたはそう思うんですね」と受け止めてあげる余裕を持っておきたいところです。

2.「自分と同じ意見になってもらわねば!」という謎の正義感

自分と違う意見の人があらわれた時に、猛烈に批判している人もいますよね。

気持ちとしては「自分と同じ意見になってもらわないと!」と思っているんでしょう。

相手を説得して自分が正しいことを証明したいんです。

でも本当は、自分と他人は同じ意見でなくてもよくて、自分は自分、他人は他人です。

「自分と他人は違う」という前提を理解できていないから、そういう謎の正義感が生まれてしまうんです。

こういう人は、自分と相手の間にうまく境界線を引く必要があります。

もし説得しにかかってくる人がいたとしたら、

「あなたの言うこともわかります。でも私はこういう意見です。みんないろいろな意見がありますね☆」

って言うしかない気がします。

自分と他人を同じものだと思ってしまっている人は、『嫌われる勇気』を読んだ方が良いですよ。

自分の課題と他者の課題は違うってことが、よくわかると思います。

3.「批判できる自分、論理的でカッコイイ!」と思ってる

こうしてブログを書いていると感じるのですが、伝えたいことを伝えるためには、それ以外のことをそぎ落とす必要があります。

発信する人はいつだって「そぎ落とすリスク」を背負っています。

そぎ落とさなかったとしたら

「Aというパターンもある、Bというパターンもある、Cというパターンもある。それぞれのパターンにはこうすべきで、でもこういう可能性もあって……」

とか羅列することになるんです。

そうなっちゃうとわかりにくくなるから、「Aというパターンは、こうです」とそぎ落とすワケです。

でもそぎ落とすと「いや、Bというパターンもあるじゃないか!」と突っ込みがきます。

突っ込みぐらいなら良いんですけど、それが猛烈な批判&説得となってまわし蹴りをくらわせてくることもあるんです。

そういう時に猛烈な批判をしてくる人は、

「批判できる自分、論理的でカッコイイ!」

と思ってるのだと思います。

実際に他の人からも「そうだ!その批判の方が論理的だ!」みたいな賞賛をされることもあるかもしれません。

まあ、それはそれで良いと思うんですけど。

誰かの意見を聞いて、それに自分が反応して、それがきっかけとなって深く考えるのはすごく良いことだと思うんです。

それを声に出すのも、悪いことではないと思います。

ただ、その人と違う意見だからといって、その人を説得しようとする必要はないですし、批判する人は後出しジャンケンをしていることを自覚した方が良いです。

本当の意味で論理的に考えられるなら、誰かを批判するのではなく、自分から何かを発信した方が良いですよ。

このような批判をされた側は、その説得に付き合ってあげる必要はないと思ってます。

「ロンリテキだね~、かっこいいね~」って思っておけば良いんです。(実際に言うとケンカになるので、心の中で……笑)

自分の価値は周囲に左右されない

批判してくる人も、批判された側も、たぶん傷つくんですよ。

でもどっちにも言えることは、自分の価値は周囲に左右されたりなんかしないってことです。

自分が誰かから否定された(と思った)としても、その人の評価によって自分の本来の価値が下がることはないです。

自分は自分、他人は他人。

もし誰かから攻撃的な批判を受けたとしたら、「その人は今、課題にぶつかっているんだな」と思うようにしています。

なぜ批判したのか、本当はどういう気持ちなのか、その人の中で考えを深めている最中なはず。

その課題は自分とは関係ないものなので、私は触れません。自分の課題だけで精一杯だったりもするし。

だから、批判されたからといって、傷つく必要ないよ!

という話でした。

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク