自分に合った働き方を探すなら「何から自由になりたいのか?」を考えよう

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-26-8-47-58

就活や転職をしようと思った時、「仕事内容」と「働き方」の2つの側面から考える必要があります。

「自分は何の仕事がしたいのだろう」というのは、誰しも一度は考えたことがあると思います。

しかし意外に見落とされがちなのは「自分はどんな働き方をしたいのだろう」という点です。

自分に合った働き方を考えるなら「何から自由になりたいのか?」と考えてみると良いと思います。

今回は「自分が何から自由になりたいと思っているのか」を考察していきましょう!

何から自由になりたいのか?5つの切り口

働き方に関する5つの観点をご紹介していきます。

これから紹介する5つの切り口のすべてから一気に自由になるのは、なかなか難しいことです。

まずは自分の中で優先順位をつけ、「自分に合った働き方をするには、この観点が欠かせない」というポイントを見つけてみてください。

1.場所にとらわれたくない

「場所にとらわれたくない」にも、いろいろ種類があります。あなたはどのタイプですか?

・1つの場所にじっとしているのが苦手

・毎日同じ場所に行くのが嫌だ

・自分の好きな場所で仕事をしたい

最近ではテレワークという考え方も徐々に浸透してきていて、会社員でありながら在宅勤務やサテライトオフィス勤務などの働き方も可能になりつつあります。

そもそも「自分の好きな場所で仕事がしたい!」と思うなら、フリーランスでノマドワーカーになっても良いでしょう。カフェや旅行先など、自分で仕事をする場所を選ぶことができます。

「場所から自由になりたい」と思う人は、どのような環境で働けたら自分はテンションが上がるのか、考えてみると良いと思います。

2.時間にとらわれたくない

自分にとっては「時間」が重要だと思った人は、もう少し深堀してみましょう。

・自分の好きな時に仕事がしたい

・毎日同じ時間に出社するルーティーンワークが嫌だ

・土日休み / 平日休みが嫌だ

「時間」と一言でいっても、どのように時間が使えれば「自分に合っている」と思えるのかは、人それぞれです。

最近ではフレックスタイムを導入する企業も多く、例えば10:00~15:00のコアタイムさえ出社していれば、あとは何時に出社・退社しても良いというところもあります。

業種によっては、シフト勤務で働く職場もあるでしょう。

私はフリーライターなのでフリーランスに関して1つだけ言っておくと、好きな時間に仕事ができるからといって、フリーランスが「時間的に自由」というワケではありません。

たしかに朝何時まで寝ていてもOKですが、逆に言えば寝る直前にクライアントからメールが入ることもあるのです。

好きな時間に仕事ができるという自由を手に入れる代わりに、プライベートと仕事の境目を失う感じです。

自分で時間をコントロールしたい人には向いていますが、四六時中仕事のことを考えたくないという人には向いていません。

3.人間関係にとらわれたくない

これも結構多いですよね。というか、私もそうでした。

・苦手な人と一緒に仕事をしたくない

・接客がしたくない

・チームで仕事をするのが嫌だ

正直なところ、生きる上で人と関わらないというのは到底無理で、どんな働き方・生き方をしても、誰かしらと関わることになると思います。

しかしその関わり方は自分で選択することができて、接客が嫌ならお客さんと関わらない働き方を選ぶこともできるし、チームではない仕事もある。

一緒に仕事をする人を自分で選びたいなら、フリーランスや自営業という働き方もある。

会社員だったとしても、大企業と少人数の企業では、社内で関わる人の数は圧倒的に違うことでしょう。

人間関係に悩んでいる人は、「人生の中で関わる人は自分で選べる」ということに気付くと良いと思います。

4.通勤電車や通勤時間にとらわれたくない

・毎日ギュウギュウづめの通勤電車に乗るのが嫌だ

・会社まで行く時間がもったいない

多くの会社員が思っていることだと思います。

すぐにできる解決法としては会社の近くに住むこと、家の近くの会社に転職することなどがあります。もはや家で働きたいなら、フリーランスや起業という選択肢もあります。

またフレックスタイム制を導入している会社ならば、通勤ラッシュを避けて出社できるでしょう。

特に東京の通勤電車は本当に凄まじいですから、朝から体力を消耗しない方法が考えられると良いですよね。

5.収入やお金にとらわれたくない

お金に関しては、大きく分ければこの二択になるのだと思います。

・安定した収入がほしい

・頑張ったら頑張った分だけお金がほしい

「お金から自由になる」というのは、「不安定な収入で、毎月お金の計算をしなければならないという不安をなくすこと」なのか、それとも「給料という限られた報酬ではなく、自分の裁量によってお金が増やせる働き方をすること」なのか、人によっても違うと思います。

また昇進や収入アップのために躍起になるような「お金のために働く」といった考えから自由になりたい人もいるかもしれません。

収入が安定しているのは会社員や公務員ですし、裁量によって収入が変わるのは自営業でしょう。

ちなみに会社員だったとしても、外資系企業などのように裁量によって収入が変化するところも多くあります。

自分はどのようにお金と付き合っていきたいのかを考えて、働き方を選ぶのも良いと思います。

自分にとっては、どのポイントが重要?

人によって重要だと思うポイントは違いますし、上記5つの切り口の他にも自分なりのポイントがあると思います。

働き方を考える時に重要なのは、「時間から自由になりたいな」というところで考えを止めずに、もう一歩踏み込んで考えてみることです。

希望する条件を自分自身が詳しくわかっていなければ、自分に合った働き方を見つけることはできません。

自分にとって心地よい働き方とはどんなものなのか?詳しくイメージしてみることが大切です。

正直ラクにお金を稼げる働き方なんてありません。お金をもらうには、それなりの工夫が必要なのです。

でもどうやって働いてお金をもらうかは、自分で選ぶことができます。

自分の人生の中の多くの時間を使って働くワケですから、なるべくなら自分が心地よいと思うような「自分に合った働き方」を探してみましょう!

▼会社員以外の選択肢のヒントは、こちらの本がオススメ。

▼ちなみに私も新卒社員向けの自己分析本を出してます。ぜひ活用してください。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク