人と関わるのが苦手なのに人と関わりたいというジレンマの解決法

p1050160

人と関わるのは、気疲れするし、あんまり得意ではありません。集団の中にいるよりも、1人で居る方が気楽。

しかし「人と関わるのは苦しい」と思っている一方で、「人と関わりたい」という気持ちも持っていました。

このジレンマはどうして起こるのか、そしてどうすれば苦しくない人間関係を築けるのか、経験をもとに書いてみたいと思います。

繋がらなくて良い人と繋がりすぎると苦しい

自分が「疲れるな」と思う人間関係って、どういう人たちが相手ですか?

わたしの場合、「自分と合わないけれど、合わせておいた方が得だ」と思って繋がっている人たちとの関係に疲弊していたと思います。

損得勘定での繋がり、といった感じでした。

こういう繋がりは、本当に苦しかったです。無理矢理テンションや話を合わせて、帰り道ではグッタリしているなんてこともしばしば。

これは相手が悪いのではなくて、自分が自分の本心を無視した結果だと思います。

自分の本心を隠して偽った自分で人とつながると、心が疲弊します。

自分を偽った繋がりが多くなればなるほど、苦しくなっていきます。

損得感情での繋がりを増やしすぎてしまったわたしの経験談

少しだけわたしの話をします。(もし必要のない人は、次の見出しまで飛ばしてください!)

「この人と付き合っておいた方が良い」という繋がりを増やしてしまったわたしは、「もう全部投げ出したい」「誰ともつながりたくない」と思うようになってしまいました。

これを期に、一度自分を見つめなおすことに。

偽って手に入れた関係は、本当に自分に必要なものだろうか?」と自分に問いかけ、次第にそういった関係から距離を置くようになりました。

結果的に、人との関わりを徐々に減らしていくことに。

自分と向き合う時間を最優先にして、「行った方がいいよなぁ」と思って参加していた気乗りしない飲み会は断ったり、頻繁に電話がかかってきていた友達の電話を取らず、あとから「ごめん忙しくて」とメールだけ入れるようになったり。

ちょうど会社を辞めた時期とも重なって、一時的に夫や家族以外と連絡を取らない期間をつくり、人間関係を見直しました。

繋がり不足も寂しいし苦しい

「集団の中にいると疲れる」「人と関わるの苦手」と思う一方で、誰とも関りがなくなってしまうのも、寂しいし苦しいんですよね。

人間関係を構築するのが苦手なのに、誰かと関わりたいというジレンマです。

この解決法としては、自分を偽らずに付き合える人と繋がるのが良いと思います。

わたし自身、一度人間関係をリセットしてみて思ったのは、自分を偽ってまで人と関わる必要はないということ。

あんなに必死になってつなぎとめた関係は、今の自分にとって必要なものではありませんでしたし、ピンチの時に助け合えるような関係でもなかったと思います。

一方でありのままの自分でつながれていた関係は、私が数か月の間すこし距離をとったからといってなくなるようなものではなく、むしろ温かく見守ってくれるようなものだったのです。

今でも大勢の人と関わるのは苦手ですが、繋がるべき人と繋がれていれば、人と関わることはこんなにも楽しいのだと気付けました。

「人と関わるのが苦手」と思っている人は、ひょっとしたら偽った自分をつくりあげてしまっているのかもしれません。

余計に気をつかったり、自分を良くみせようとしてしまって、苦しくなってしまっているのだと思います。

繋がるべき人と繋がるために、自分から動こう

自分が自分らしくいられる関係を築くためには、つながる人を自分で選ぶ必要があります

今いる場所が自分にとって苦しい、もしくは自分を偽ってつなぎとめている関係の中だとしたら、まずはそこから距離を置いてみてはどうでしょうか。

距離を置き方には、以下の2種類あります。

  • 物理的に距離を置く
  • その関係の中で自分を偽るのをやめてみる

物理的に距離を置いてみるのが難しければ、まずは自分を偽るのをやめてみると良いかもしれません。

その結果、相手が離れていく可能性もあります。もしそうなったら、悲しいかもしれませんが、それまでの関係だったとドライに受け止めるべきです。

それと、受け身でつながるのを待つのではなく、「この人とつながりたい!」と思う人のところに自分から出向くことも必要です。

人生で深く関われる人の数は、それほど多くないはずです。

どんな人と関わり、どんな人と一緒に人生を過ごしたいですか?

そこから考えてみると良いと思います。

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク