自分にとって「仕事とは?」を、立ち止まって考えてみた

5日間、SNSやネットから離れて、沖縄の海でのんびりしてきました。

旅行をする時、わたしは「このテーマについて考えよう」と決めることが多くて、今回のテーマは「仕事とは?」でした。

  • 何のために仕事をしているのか
  • どんな仕事をしていきたいか

こんなことについて、ゆっくり考えたことをまとめます。

自分にとって「仕事」とは

何のために仕事をしているのか。

わたしの場合は、今のところこんな理由なのかな、と。

  • 自分の得意なことをして、誰かの役に立つため
  • その代わり、苦手なことを助けてもらうため

自分に欠点や苦手なことが多すぎるので、それを誰か(何か)に助けてもらいたい

その代わり、誰かの苦手が自分の得意なら、それを手伝いたい。

今はその媒介となっているのが「お金」ですけど、もしお金を媒介しなくても生きていけるのなら、それでもいいんだと思います。

だから、わたしにとって仕事とは、自分の得意で誰の役に立つことです。

「無理すればできる」は、得意なことではない

「得意なこと」と「できること」を混同しがちですが、ここは明確に線を引きたいと思います。

「自分ができて、誰かの役に立てること」のなかには「できるけど、やっていて楽しくないこと」も、ありますよね。

でも「できるけど楽しくないこと」は、得意なことではないと思います。

ここで言う「得意」とは、以下の要素を含むこと。

  • 自分が楽しくできること
  • モチベーション高く取り組めること
  • 誰かが喜んでくれること

わたしであれば、読んでもらうことを考えて文章を書くことや、「自己分析ノート」のような商品をつくること、などがあります。

こういう「得意」を活かした仕事に、注力したいな。

おわりに

これまでは、仕事をもらえること自体が嬉しくて、お願いされたことは割とチャレンジしてきました。

しかし、ここら辺で1回、思いっきり「得意」に振り切ってみたいな、と思っています。

 

ちなみに、旅行には本を1冊持っていくことにしていて、今回読んだのはコチラ。

糸井重里さんや谷川俊太郎さん、秋元康さんなどの「仕事」に関するインタビュー集。

あとがきの部分がとても良かったので、引用します。

方法は一つではない。
人それぞれなのだ。
答えはどのビジネス書にも書かれていない。
仕事をしながら、自分だけの「仕事。」を見つけるしかないのだ。

わたしも、自分だけの「仕事」を見つけるために、ゆっくり進みたいと思います。

 

質問&感想ありがとうございます!

ありがとうございます!

休みの間、たくさんの感想をいただきました!

全部を掲載はできないんですが、すべて嬉しく読んでます。ありがとうございます。

↓こういう提案も、とても嬉しいです!

ありがとうございます!

好きなお鍋…!?笑 一問一答、機会があればやってみたいです~

 

▼質問・感想はこちらから!
マツオカミキの質問箱

 

こちらの記事もどうぞ!

「これまで」に蓋をして「これから」と向き合う時間を持つ

2018.10.16

自分に合う仕事を見つける2つのポイント*楽しく働ける方法を探そう!

2017.01.16

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク