上達したいなら「ぼっちスノボ」!メリット・デメリット・持ち物をご紹介

写真 2017-01-12 12 55 39

スノボのシーズンがやってきましたね!リフトから降りることすらできないスノボ初心者のライター・マツオカミキです。

そんなわたしが「一人でGALA湯沢に行ってスノボを練習する」というJR東日本のWebメディア記事の企画でぼっちスノボに行ってきました。

記事はコチラ>>おひとり女子の初めてスノボ! SNS映えするかわいい自撮りテクも伝授│びゅうたび

こちらの記事には書ききれなかった「ぼっちスノボって、どうなの?」という部分を、せっかくなので書いておきたいと思います。

こんな方に読んでほしい!

  • 滑れる友達に迷惑をかけないためにも、ひとりで練習したい
  • 誰かと予定を合わせるのが難しいから、ひとりで行ってみたい
  • でも、ぼっちでスノボって、さみしくない?行けるの?大丈夫なの?

わたしの経験をもとに、おこたえしていきます!

ひとりスノボは初心者にオススメ!その理由とは?

ひとりスノボを体験したわたし的には、練習をするためにひとりでスノボに行くの、オススメです!

実際に初心者のわたしがひとりスノボをして感じた「メリット」と「デメリット」をご紹介します。

ひとりスノボのメリット

  • 友達を気にせずスクールに参加して、イチからガッツリ教えてもらえる
  • 友達との待ち合わせ時間とか気にしなくていい
  • 自分のことだけ考えれば良いので気楽

過去に2回、滑れる人と一緒にスノボに行ったことがあるのですが(それでも滑れるようになれなかったということは置いといて)、足手まとい感がハンパじゃないです。

最初はみんな教えてくれるんだけど、やっぱりみんなも気持ちよく滑りたいですからね…徐々にポツンと…。

ひとりで行けば友達のことも時間も気にせずにスクールに参加して、上達することができるなぁと思いました。

※友達と行った時って「わたしだけスクール参加してくるね」って言いにくかった…!でももしそれができるなら、そうした方が良いよ!

ひとりスノボのデメリット

ひとりスノボの圧倒的デメリットは、めちゃくちゃさみしいことです。さみしさは尋常じゃなかった。

スクールにいる時はさみしくないんですが、ご飯を食べている時とか、ひとりで着替えているときとか…。

リア充がワイワイしている隣でたたずむ自分とか、最高にシュールでした。

圧倒的にさみしいけど、デメリットってさみしさだけでしたよ!そこさえ克服できれば…!

ひとりスノボのために準備した持ち物

今回は東京駅から新幹線で1時間半ちょっとの『ガーラ湯沢』に行きました。

ガーラ湯沢は駅直結だから行きやすいし、フルレンタル可能なスキー場。持ち物も最小限なので初心者のわたしにとってはよかったです。

ひとりスノボの持ち物

  • ニット帽(無ければレンタル可能)
  • 長袖Tシャツ
  • 長袖フリース
  • レギンス
  • 分厚い靴下
  • ウェアの事前レンタル申込書控え
  • お金・SUICA
  • ハンドタオル

上5つの洋服系は着て行ったので、荷物はめっちゃ少ない。

ちなみに靴下・レギンス・Tシャツ(ヒートテック)は、着替え用のものも1セット持っていきました。

ガーラ湯沢の良いところは、スキー場での支払いがすべてSUICAでできるってこと。チャージされたSUICAさえ持ってれば、小銭は持ってなくても大丈夫です。

東京からひとりで行くならガーラ湯沢は気楽

最近スキー場へのバスツアーで事故があったりして結構こわいので、新幹線で行けると安心感あります。

ガーラ湯沢は東京駅から1時間半強なので、日帰りで行けるという点も気軽。

例えば、こんな感じ。

  • 行き:8:04東京発→9:40ガーラ湯沢着
  • 帰り:19:08ガーラ湯沢発→20:40東京着

新幹線とリフト券、ホテルがセットになったツアーもあります。

ツアー一覧はこの「びゅう国内ツアー」のWebページで見れます↓

>>新幹線で行く!スキー&スノーボードツアー│えきねっと びゅう国内ツアー

初心者女子がひとりスノボに行って感じたこと

写真 2017-01-12 14 04 38

「ひとりでスノボに行くって、どんな感じなんだろう」と思ってる方向けに、感じたことを並べておきますね。

  • スクールは1人で参加している人も多い
  • だから初心者仲間ができて嬉しかった
  • 空いている時に行かないと、滑れる人の邪魔になる
  • 女子がひとりだと、ナンパされやすい
  • 「寒いね!」とか「疲れたね!」を誰とも共有できないツラさ
  • でも滑ってる時は孤独とか関係ない。必死だもの。
  • ガーラ湯沢は外国人が多い(最近ゲレンデは外国人観光客多いらしい!)

ガーラ湯沢のスクールの先生たち、とっても優しく教えてくれました。

わたしは例によってリフトを上手く降りられず1回リフトを止めましたが、先生たちのおかげで少し上達したんですよ…良かった!

まとめ

1月中旬にガーラ湯沢に行きましたが、この時期のゲレンデは空いていました!初心者が転げ落ちていても、邪魔にならないぐらい。

スタッフさんによると、2月からガッと混むことが多いらしいです。

わたしが行った時は新幹線の自由席も空いていて、早く並んだりしなくても余裕で席がとれました。

というかむしろ、車両にはわたしだけ~的な。

写真 2017-01-12 9 20 45

ということで、初心者がスノボ上達のためにぼっちスノボするのはアリ!です!という結論でした。

ネタづくりやガチ特訓のために、ぜひ行ってみてくださいな!

びゅうのパッケージツアーはこちら

>>新幹線で行く!スキー&スノーボードツアー

スキー&スノーボード特集 びゅう

JRの『びゅうたび』の記事もあわせてどうぞ~

>>おひとり女子の初めてスノボ! SNS映えするかわいい自撮りテクも伝授│びゅうたび

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク