結婚2年目の私が感じる、「夫婦」とは。

114

今日はサラっと結婚生活について書こうと思います。

結婚2年目、大きく言えばまだ「新婚」なのかもしれません。でもそんな感じはしないです。

夫婦って恋愛の延長線上というよりは、パートナーという感じがします。人生を生きる上でのパートナーです。夫婦になってからずっと恋愛だけしてる人はなかなかいないように思います。というか、周りにはいません。

お互いの凹んでいる部分を補えるパートナーって感じです。

例えば、私は夜が苦手です。オバケがこわいんです。会ったことはないけど。(子どもw

だから、夜トイレに行きたくなって起きたとすると、ダッシュでトイレに行って、ダッシュで帰ってきて、ベッドにスライディングでもぐりこむんです。

当然、スライディングして飛び込めばびっくりして夫は起きます。

「……変なの~w」と笑って、また寝ます。

そのたびに私は、「ああ、この人がいて良かった」と思います。

あ、本人が見たら「それ以外にももっと良いエピソードあるだろ!」と怒られそうですが、小さなことでも「この人がいて良かった」と思えるのがパートナーなのかなと思っています。

結婚するかどうかは個人の自由だし、結婚することによるデメリットもあると思ってます。自分のことだけ考えて動くということはできなくなりますからね。

でもやっぱり結婚は良いです。本当に。

あと、結婚したいけど結婚相手が見つからないと言っている人は、たいていハードルが上がりすぎてます。100点の人なんていませんからね。恋愛だって、友達だって、仕事だってそうだと思います。

自分で育てれば良いんです。育てるのも楽しいですよ(笑)

もちろん自分も100点ではないですから、日々育てられていると感じています。

何より帰れる場所があるのはありがたいことです。何かあっても、「ここに戻ってくれば大丈夫」というシェルター的な場所です。

だからこそ、まったくメンタルの強くない私でも、チャレンジングなことに挑戦していけるのだと思います。

ただし自分が一方的によりかかるのではなくて、相手が大変な時も帰れる場所を用意しておける、そんなパートナー関係でいたいと思います。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm
ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク