「フリーランス」はライフスタイルが変化しやすい女性にピッタリな働き方

そういう年頃なのか、最近友人と結婚や妊娠に関する話をすることが多いです。

同年代は社会人5年目のタイミングなので、仕事も落ち着いてきて「そろそろ結婚」とか「そろそろ子どもを」とか考えるタイミングなのかもしれません。

ということで、最近周囲からこんな悩みを聞いたりします。

「結婚したら会社辞めた方が良いかもなあ」
「子どもを考えると、いつ会社を辞めるべきかなあ」

女性向けの落ち着けるカフェ

 

ライフスタイルの変化に対する不安

私が会社員だった頃も、この種の不安を持っていました。

「この会社は、私のライフスタイルが変化しても働ける会社だろうか」

女性なら気になる人も多いポイントだと思います。就職活動中も、育休に関する質問をした記憶があります。

結婚や出産は女性にとっての1つの選択肢であり、同時に自分の意志でタイミングを選ぶことのできないものでもあります。

当時勤めていた私の会社には「育児休暇」をとって復帰した社員の方や、子育てしながら働いているママさんもいました。

周囲の人の多くはそれをサポートして、一緒に心地よく働いていく環境をつくろうとしていましたが、育休をとる女性や、子育てと両立する女性を、よく思っていない社員も少なからずいました。

こういった実情を見ていた私は、「働きながら子育てをするというのは、なんて大変なことなんだろう」と感じていました。

だって子育てって、とても大きな仕事じゃないですか。そんな重要な役割を担いながらも、子どもの生活のためにお金を稼ぐ母親に対して、なんでこんなに冷たい人たちがいるんだろうって。

 

結婚や出産を理由に会社を辞める人々

結婚相手が社内の人だったりすると、「会社を辞める」という選択肢をとる人もいます。

私の友人の中にも、そういう人がいました。

私の前職の会社もそうだったのですが、「部内恋愛は控える」という方針の会社もあります。

そういう会社では、近しいところで恋愛関係があると業務に支障があるので、片方が別の部署に異動させられる傾向にあります。

そうなるのを避けるために、女性が会社を辞める……。なんだか悲しいですけど、そういうこともあるのです。

 

妊活に入るために仕事を辞めた友人もいます。

仕事が忙しすぎると余裕がなくなったり、急な妊娠で迷惑をかける前に辞めようという考えでした。

 

また、出産や育児においては、会社員の場合であれば産休や育休をとる権利もあると思います。

しかし、その権利を使うことができずに、会社を辞めてしまう妊婦さんもいました。

本人がそうしたいと思っていたのであれば良いのですが、そうでない場合ももちろんあったと思います。

半ばあきらめのような感覚です。育児が落ち着いたら、また仕事を探そうというような。

 

女性こそフリーランスという選択肢を

会社員だと、ライフスタイルの変化に伴って「周囲の目」や「迷惑をかけてはいけない」という気持ちから、会社を辞めるという選択をする人がいます。

専業主婦になることも選択肢の1つではありますが、「仕事をしたい」「こういうことを実現したい」と感じていながらも、事情によって外で働けない女性もいることと思います。

だからこそ私は、フリーランスという働き方も選択肢の1つだと気付いてもらえるように発信していきたいなと思っています。

フリーランスであれば、時間を自分で管理することができます。

お付き合いするクライアントさんとのやりとりは必要ですが、ある程度関係を築いておけば融通を効かせることもできるかもしれません。

同僚に気を遣うことなく、仕事を早く切り上げて保育園のお迎えに行けます。

自分ができるだけの量の仕事を、自分で調整することができます。

仕事を辞める必要もありません。調整して、また始められる時に始めることができます。

フリーランスは、こういった心配事を少なくできる働き方なのです!

 

仕事がとれるかどうかは自分次第。だからこそ、今から!

ライフスタイルが変化する前からフリーランスとして活動しておくことも、変化した後に活動を始めることもできます。

今ではクラウドソーシングを使って、初心者でもフリーランスとして仕事をゲットすることができるのです。

例えば私は「ランサーズ」を使って初心者からフリーライターになることができました。

>>クラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

もし「今は会社員だけど、今後フリーランスでやってみたい」と思っている人がいたとしたら、今から少しずつ案件を受けてみると良いと思います。

最初から稼げる案件をゲットするのはなかなか難しいので、まずは試してみて、そしてちょっとずつシフトしていくという使い方をオススメします。

>>ランサーズ関連の過去記事も参考になれば幸いです

 

今後私もライフスタイルの変化があった場合に、一時的に仕事ができなくなる可能性もあります。

例えば妊娠出産なんかは、そうですよね。きっと。

仕事を一時的にストップすることは、当然リスクがあります。

自分が復帰した時に、それまでお付き合いしていたクライアントさんから再び依頼がもらえるとは限らないからです。

フリーランスという働き方で、ライフスタイルの変化に対応するために必要なもの。それは、スキルと実績だと私は思っています。

ライターの場合ライティングスキルもそうですが、クラウドソーシング等で案件をゲットするスキルクライアントさんとやり取りするスキル、そして仕事をもらえるだけの根拠(実績)があれば、また戻ってくることができるのではないかと思っています。

私は既に結婚していますが、今後妊娠出産だけでなく、例えば親の介護とか、どんなライフスタイルの変化があるかわかりません。

でも、そうなった時に、「私にはスキルがあるから、大丈夫」と思えるようになっていれば良いなと思います!

▼ランサーズに興味を持った方は、ぜひ覗いてみてください。
クラウドソーシング「ランサーズ」はこちら

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク

女性向けの落ち着けるカフェ