ブログを書くことで得られるメリットについて考えてみた

ほぼ毎日更新しているこのブログ。

ライターなので仕事としても文字を書いているのですが、私にとって仕事としての執筆とブログを書くことは別物です。

ご飯で言えば、甘いものは別腹的な。

そもそも私がブログを書けるのは、書くこと自体が楽しく、そしてメリットがあるからだと思います。

今回は、ブログを頻繁に更新できる理由を書いてみたいと思います!

p1050163

 

ブログを書くメリット

私がブログを書くことやツイッターで発信することを続けられているのには、理由があります。

ただ単純に「発信することが好きだから」ということもありますが、それ以外の理由には以下のようなものがあります。

 

・ブログやツイッター経由でお仕事がもらえる

フリーライターはブログやツイッター経由でお仕事がもらえることも珍しくはありません。

私もブログのお問合せフォームやツイッターのDM経由でお仕事の相談を頂くことがしばしばあります。

「自分はこういう者です」と発信しておくことで、お仕事が広がる可能性があります。

 

・思考が整理される

その日思ったコトをブログに書くこともあれば、「これはいつか書きたい」ということをメモしたネタ帳的なものの中からピックアップして書くこともあります。

いずれにしろ、ブログを書きながら頭を整理している感じがします。

それは自分と向き合う時間であり、自分が考えたことが文章にまとまっていく過程が、私にとっては快感だったりします。

 

・他人のリアクションが見れる

自分の考えをわざわざ発信する理由は、他の人からリアクションがもらえることにあります。

特に同じことを考えていた人からのリアクションによって、ただ「自分がそう思っている」という段階から、「じゃあ実際に行動に移してみよう!」という段階に移れたりします。

実際に私のツイッターでのつぶやきに周りの方が反応してくれたことで企画化したことがいくつかあります。

※過去記事参照:ライターのみなさんと情報交換会をしてみました@ライターハングアウト

今運営しているライターサロンなんかもそうですね。「私と同じことを思っている人がいる!」というところから、行動に移すことが出来ました。

※過去記事参照:ランサーズなどのクラウドソーシングを使うライターさん向けの交流サロンがオープン!

 

私にとって一番大きなメリット

ブログやメディアを運営していると、一番気になるのはPV(ページビュー)数かもしれません。どれだけ多くの人が見に来てくれるかということです。

ただ、私は実は「たくさんの人が見に来てくれること」よりも「誰か1人に私のメッセージが届くこと」の方が嬉しいです。

もちろんたくさんの人に見てもらえることも嬉しいのですが、私が自分の考えや過去の経験をブログで発信しているのには「会社員以外の働き方の選択肢を提案して、自分らしく生きる人を増やしたい」という思いがあります。

その思いから、ランサーズなどのクラウドソーシングの使い方や、働き方に対する私の考え方を発信しています。

会社員が向いている人もいれば、そうでない人もいます。会社員という働き方は既に選択肢として大きく存在しているので、それ以外の選択肢の認知度を少しでも上げることで、貢献できたら良いなと思いつつ発信しているのです。

届けたいと思っていた誰かに届くことや、実際に行動を起こすきっかけになることが、とっても嬉しいです。

ライターとしても、同じような思いで仕事をしています。

自分が書いた記事が、誰かの背中を押す内容になるように。少しでも読んでくれる人の人生を楽しくできるように。そんな思いで記事を書きます。

逆に言えば、そうでない記事は書きません。不安をあおる内容は書きません。これは私の根本的な思いに反してしまうからです。

 

以上、私がブログを書き続けられる理由について書いてみました!

SNSでも、ブログでも、発信し続けられる人というのは、何らかのメリットがあるからこそ続けられるのだと思います。そのメリットは人それぞれですし、使い方に正解はありません。

しかし、もし自分の中で何らかの「思い」を持っているとしたら、それを発信してみるのもおもしろいですよ。

ブログやSNSを使えば、誰だって「誰かの行動のきっかけ」になることができるんです。

私は今ブログが本当に楽しいので、このまましばらく続けていきたいと思います!

 

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク