ランサーズの文字単価が全体的にアップ!Webライターの未来とは

先日ランサー交流会に行ったという話を書きましたが、その場にはランサーズの社員の方も複数名いらっしゃって、現在ランサーズがどんな取り組みをしているのかという話も聞くことができました。

※過去記事はこちら:他人の価値観を取り入れることのススメ

文字単価についての話もあって、「Webライターは今後ランサーズを活用しておいた方が良いな」と思ってしまうような内容でした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-15-18-54-54

 

全体的に文字単価が上がっている

最初に言っておきますと、私はランサーズの方からお金をもらってPRしているワケではありませんw

クラウドワークスなどの他のクラウドソーシングサービスにも登録したことがありますし、そういった他のサービスも上手く併用しているライターさんも多いことと思います。

ただ今回はランサーズ側のお話を聞いてきたので、Webライターの方々の参考になればと思って書いております。

私がランサーズに登録したのは、2014年のはじめ。当時は文字単価にして0.5円などで案件を受けていました。
※過去記事参照:文字単価0.5円から高単価にレベルアップ!初心者から始めた私のランサーズ経歴

最近ではそういった案件はスルーして高額案件のみチェックするようにしています。よって、今どれぐらいの量の低単価案件があるのか、あんまり把握していなかったのです。

しかし、今回ランサーズ社員の方に話を聞いてみると、実はランサーズのライティング案件の単価が、全体的にアップしているとのこと!

単価の平均がアップするように注力しているそうで、数値としてどれだけ上がったかも、お話していらっしゃいました。

疑っていたワケではありませんが、自分の目で確認したかったので、今日ライティング案件全体を見渡してみて驚きました。

 

たしかに、文字単価が全体的に上がっている……!(ように感じる……!)

 

実感として、以前は文字単価0.5円などもしょっちゅう見かけましたが、今はどちらかと言うと文字単価1円の案件の方が目立つように感じます。本当に上がっているんですね。

 

ランサーズのライティング案件市場は現在成長中

ランサーズの成り立ちとして、もともとはロゴコンペの案件を主軸にしたサービスだったそうです。

ライティング案件は今まさに拡大している最中といった感じなのかもしれません。

ライティング案件の相場もまだまだ改善中で、社員の方々の働きかけにより、今まさに全体の単価が上がってきているのだと思います。

私は2014年に0.5円の文字単価からライター人生をスタートさせましたが、ひょっとしたら数年後には「え?0.5円?そんなに低い文字単価の案件探す方が難しいよ!」とか言われちゃうかもしれませんね。

というか、そういう日が来ることを願っています!

 

これからランサーズのライティング単価がもっともっと上がっていくとしたら、「ランサーズを上手く活用するスキル」がライターにとって重要になるかもしれません。

そもそも私自身もランサーズがなければライターとして生活するなんてことは難しかったですし……。

ランサーズには本当に感謝しているとともに、「もっとこうなると良いのに」と思うことも多々あります。
(そしてそれらはサポートの方に率直に伝えていますw)

しかし、問い合わせをすればすぐに返事が返ってくるし、ユーザーの声を本気で取り入れようとしている姿を見ていると、今後ランサーズのライティング案件市場はもっともっと成長してくれそうな気がします。

 

私が考えるWebライターとしての未来

ランサー交流会の中では、「Webライターの未来」ということについて話す場もありました。

私はまだまだひよっこライターなのでそんな大きな流れを読めているワケではありません。

しかし、近い将来に人工知能が文章を書ける時代が来ると思うし、今の質の低いWebコンテンツが蔓延している状況の反動から、質の高さを求められる時代になっていくと思っています。

現在ランサーズにあるような案件は、ひょっとしたら数年後には無くなっているかもしれません。いずれにしろ変化の激しい市場であることは間違いないので、常に自分も進化していくことが問われることでしょう。

 

「5年後ライターしてますか?」と問われて、私は「専業でWebライターをしているということは、無いと思います」と答えました。

文章を書くことは本当に楽しいですが、私はWebライターという職業に固執しているワケではありません。

表現する方法、発信する方法の1つとしてWebライティングがあり、他にも方法がたくさんあります。

今も、ブログ・SNS・Kindle本・サロンなど、さまざまな手段で表現し、発信しています。試したい手段は他にもたくさんあります。

5年後の未来を鮮明にイメージすることはできませんが、近い未来になりたい自分はイメージできています。

その自分になるために、今できることを全力でやる。今はただそれだけです。

そのためにWebライティングの力をもっともっと向上させたいし、文章も上手くなりたいと思っています。

 

常に変化しているWebライティング業界。少なくとも安定した仕事ではないので、実際のところ今後どうなるかなんてわかりません。

しかし、今現在ランサーズのライティング単価は上昇中。すでに活用している人は、この波に乗ることにより、どんどんライターとしてのキャリアをアップすることができます。

また、今この記事を読んで興味を持ってくださった方も、Webライティングという仕事に興味があったら、すぐに始めてみてほしいと思います。

単価がアップしている今から始めるのは絶対美味しいですし、私のように初心者からライターになった人もたくさんいます。

クラウドソーシングはまだまだメジャーな手段ではないけれど、すでに十分にお金を稼げるツールになってきています。

どんどん使う人が増えて、クラウドソーシングがもっと大きな市場になったら良いなと思っています。

 

スポンサードリンク