心が疲れた時に、最も助けられた映画・本「しあわせのパン」

会社に行けなくなって、数日たった頃だったかな。

ずっと家の中に閉じこもるわたしに、夫が借りてきてくれた映画。

それが『しあわせのパン』でした。

当時は何もする気力が起きず、でも早く元気にならなきゃ、このままでは生きてる意味がない、と焦ってた時だった。

しかし、この映画を観て、

自分の好きなことを、信じることを、ゆっくりと心を込めてやっていけばいいのかもしれない

と、思えたんです。

『しあわせのパン』の物語

『しあわせのパン』の主人公は、りえさんという女性と、水縞くんという男性。2人は一応、夫婦(一応の意味はあえて書かない)。

りえさんは東京で働くなかで、「好きじゃないもの」が増えすぎて、「大変」が溜まって、心が壊れかけてしまう。

そこで出会ったばかりの水縞くんが、りえさんに「月浦で暮らそう」と提案するところから物語が始まります。

※月浦は、北海道の洞爺湖の近くに実際にある地名。

東京のスピード感についていけなかったりえさん、「違う場所に身を置くことが必要なときもある」と考える水縞くん。

当時の自分の状況と重ねて、上手くいかない自分を認めてもらえた感じがしたのかも。

気持ちがいっぱいいっぱいな時期だったので、静かに進む物語や、自然がたくさん出てくるのも、気に入った理由だったと思います。

モデルとなったカフェも、とても素敵

洞爺湖のほとり

ちなみに、映画に出てくるお店のモデルとなったカフェも、北海道・洞爺湖に実在します。『ゴーシュ』という名前のカフェ。

北海道旅行の際に訪れたことがあるのですが、これまでで行ったカフェの中で一番好きな場所です。

ちなみにモデルとなったお店は、写真禁止、おしゃべり禁止(!)。

大きな窓からは洞爺湖が見えて、美味しいコーヒーとその時間だけを味える場所でした。また行きたいな。

(行ったの、もう4年も前なので、変わってたらごめんなさい)

ちょっと気持ちが疲れちゃったときに、おすすめです

静かに物語が進んでいくので、疲れちゃったときにもスーッと世界に入り込めると思います。

ここまで映画版をご紹介してきたんですが、個人的には小説版の方が好きです。

(映画を観て、あとから小説版読んだら「そういうことだったのか!」がたくさんあった!)

映画は、Amazonプライムビデオにも入ってます。

映画「しあわせのパン」│Amazonプライム

プライム会員なら誰でも観られるので、気になったら観てみてくださいね。

※Amazonプライムは、月325円から入れる有料サービス。他にも映画やオリジナル動画もたくさんあるし、Amaoznの配送が無料になったり。詳細は公式サイトで≫Amazonプライムについて

余談ですが、この映画を観てからコーヒーにハマったんだなぁ。

美味しいコーヒー片手に、お家でゆっくり物語を味わってみてください。

【ドリップ入門】コーヒー初心者にオススメの器具と手順を紹介します

2017.03.16
こちらの記事もどうぞ~

人生に疲れたときに何度も読み返す1冊の本から、胸に刺さる3つのことを紹介する

2017.11.07

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

スポンサードリンク