拝啓クライアント様~ランサーズでライターに依頼する時に気を付けてほしい3つのポイント~

4月に案件整理をした結果、これまで長くお付き合い頂いていたクライアント様とお別れし、新しい案件がスタートする機会が増えました。

慣れ親しんだ関係から抜け出すというステップは、ステージが上がる時に必ず伴うものだと思ってます。

素敵なクライアント様との出会いもあれば、ハラハラドキドキなクライアント様との出会いもありました。正直に言えば、もっとこうだったら良かったのに……と思う点もいくつかありました。

もしこれからライターにランサーズで外注する機会がある場合は、次のことに気を付けると良いかな~と思ったことを、まとめてみようと思います。

26

案件タイトルだけで判断できるとクリックしやすいです

私はランサーズを利用していますが、毎日多くの案件が登録され、全てをチェックするのは不可能です。

ランサーズのトップページに「依頼総数100万件突破!」と書いてありますね。案件の数が膨大すぎるので、目を引く案件タイトルでないと、クリックして開くことすらできません。

先日「ランサーズで高額案件を見つけるために無意識に実践している3つのこと」という記事にも書いたのですが、もしそれなりに経歴のあるライターに書いてほしい場合は、【簡単】【ネットで調べるだけ】などの文言は記載しない方が良いです。

少なくとも書いてあると、私はチェックしません。

盛り込んで頂けると助かる内容は、

*執筆記事のテーマ(ジャンル)
*文字数
*金額

この3つです。

時間に追われているライターも多いので、書いてあると一目で判断できて助かるんです……!

連絡はその日中にお願いしたいです

レスポンスが遅いと、作業がスムーズに進まないので困ってしまいます……。

先日ツイッターでライターさんにアンケートをとってみたら、「2日以内にレスポンスがなければもう一度連絡をする」という方が多かったです。

私としては、レスポンスがその日中(24時間以内)にくると、とてもありがたく思っています。

ご依頼の前にスケジュールを明確にしてください

納期はもちろんですが、その前に骨子案が必要な場合は、ご依頼の前にスケジュールを明確にして頂けると良いとおもいます。

案件内容にスケジュールが詳しく書いてあるものは、ライター側からしても納品までのイメージがしやすいです。

ライターに対する納品スケジュールだけではなく、クライアント様の方で記事を確認して頂く場合も、「○日以内にフィードバックします」と一言あるだけで予定がとても立てやすくなります。

他にも上げればキリがないのですが、この3つは最近とても気になるポイントです。

ランサーズなどのクラウドソーシングでライターに依頼してみようと思っている方は、ぜひこのポイントをおさえて依頼すると良いかと思います^^

▼ランサーズでライターに依頼したい場合はコチラから登録できます
ランサーズへ登録

▼ランサーズ経由でのマツオカミキへのご依頼はコチラから
マツオカミキのランサーズプロフィール

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク