人と比べてしまう癖をやめたいなら、逃げ出しちゃった方がいいかもしれない

人は、どうして自分と他人を比較してしまうんだろう。

負けたからといって死ぬわけでもなければ、勝ったからといって幸せになれるわけでもない。

そんなこと、頭ではわかってる。

でも、「自分の価値」が他人との比較によって決まるものだという思い込みは、なかなか消えない。

だからこそわたしは、「比較しなくていい場所」へ逃げた出したんだと思う。

比較して「努力が足りない」と思い込むループ

わたしの比較グセがピークをむかえたのは、会社員だった時のこと。

もともと「自分は頑張らないと認められない」みたいな超絶低い自己肯定感の持ち主だったけど、それに輪をかけるようにして、もはや狂ったように比較していたと思う。

 

あの人は成果出してるのに、自分は…

あの子は可愛がられるのに、自分は…

あの子はオシャレなのに、自分は…

そして、その結論をすべて「自分の努力が足りないからだ」と決めつけた。

 

だから、努力する。

でも、比較は止まらない。

能力、人間関係、容姿、恋愛、性格、もはや何でも比較できた気がする。

 

「他人と自分を比較しても意味がない」というアドバイスもあったけど、

自分だって、比較しなくてすむならばしたくなかった。

でも、どうすれば比較しなくてすむのか、わからなかった。

 

だからわたしは、比較競争の場から逃げ出したんだと思う。

人と比べるのをやめるために、競争の世界から逃げ出した

逃げ出したというのは、例えばこんな風に。

  • 会社にいると能力を比較する
    ⇒会社員をやめる
  • 集団に所属すると容姿や人望を比較する
    ⇒大勢の集まりはいかない
  • SNSでリア充度を比較する
    ⇒いったん全部SNSをやめる

「そこにいると、自分は比較してしまう」という場を、ことごとく避けることにした。

逃げたからって比較しなくなるワケではないのだけど、比較対象と触れる機会を少なくすることで、比較している時間は段々と減っていった。

何より、「他人と比較しないようにする」よりも「自分を生きる時間を増やす」のが大事だと、その時のわたしは考えた。

「他人と比較しないように」を頭の中に置くことは、結局「他人との比較」にフォーカスすることになってしまって、上手くいかなかったから。

それよりも、いったん比較から離れ、比較なんか忘れて楽しんでいる時間を増やそう、と。

没頭している時間、熱中している時間を増やすことを大事にした。

 

だから今、もし競争の中に身を置くとしたら、また前に戻ってしまうかもしれない。

でも、自分の身を置く場所は自分で選べる

自分で選んでいいのだと知っているから、競争世界に戻る必要はないと思ってる。

自分のクセを自分がちゃんと把握して、それを上手く操縦して、自分の目指す方向をに進めばいいと思うんだ。

おわりに

ちなみに、会社員だったのはもう5年も前のこと。

でも、まだ「比較なんてまったくしない」なんていう境地には至ってません。

それでも「比較して落ち込むこと」は圧倒的に少なくなったし、よっぽど今の方が生きやすいなと感じてます。

だから、比較してしまって苦しんでいる人は「比較をやめよう」と努力するよりも、比較してしまう場と距離を取ってみて

その上で「そんなこと考える暇もない」と思える時間を増やしていく方が上手くいくかもしれないよ。

 

こちらの記事も、よかったらどうぞ!

「他人と比較してしまうクセ」を直すために気を付けている5つのこと

2018.02.19

「私には夢中になれることがない」と思っている人に気付いてほしいこと

2016.09.26

――――――――

自分らしく生きるヒント&記事更新通知はTwitterで!
@matsuo_mk

ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

 

スポンサードリンク