仕事の我慢やストレスを極力減らすためにやっている9つのこと

ストレス耐性がめちゃくちゃ低いです、わたし。

だからこそ、我慢やストレスをなるべく排除して、健やかに生きたいと思っています。

特に仕事に関しては、自分ではどうにもできないこともあるし、人と関わるものだからこそ、「ストレスを減らす働き方」をかなり意識的に実践しています。

ということで、わたしが意識していることを書き出してみました!

(1)スケジュールをつめすぎない

わたしにとって、最も大切なものが「時間」なんです。

時間に追われるようになると、どんなに好きなことだったとしても、気持ちがすり減って「もう疲れた‥‥」となってしまいます。

ということで、最も意識しているのがスケジュールをつめすぎないこと。

自分のリソースが100あったとして、毎月の稼働はだいたい60~70ぐらいです。いつも30ぐらいは余裕を見ておきます。

そうすると、急に発生した楽しそうなことにも飛びつけるし、逆に一瞬体調を崩したりしても、たいていは納期内でどうにかできるというか。

とにかく、フル稼働しない。余裕を持っておく。

(2)休みの日は大切な人との時間を大事にする

「今日は休む」「夫と出かける」と決めている日は、仕事しません。

わたしの中で「家族と過ごす時間」はかなり優先度が高いので、もしも仕事がそこに侵食してくるとなると、なんのために働いているのかわかんなくなってしまうと思います。

メールぐらいなら「今日休みなので明日返します!」ぐらいは返信しますが、ガッツリ作業すると自分のストレスになってしまうので、しないです。

(3)気乗りしない仕事は断る

会社員だとなかなか難しいかもしれませんが、フリーランスの場合はある程度自分で「仕事を受ける/受けない」を決められるので、気乗りしない仕事は断るようにしています。

ただ、仕事を選べる状態でいられるような工夫はしています。

  • お金のために仕事をしなくていいような基礎づくりをする
  • お仕事の話が来るように種まきする

とか。特に基礎づくりに関しては、ある程度貯蓄を持っておくとか、自分が稼働しなくても収入が得られる仕組みをつくるとか。

(わたしの場合は後者で、ミニサイトやブログ、noteなどを蓄積しています)

(4)「できない」は正直に伝える

  • できないのに無理して「できる」を装う
  • 苦手なのに頑張っちゃう

こういうのは、しないようにしています。「できない」は正直に伝える

チャレンジしてみたくて、「できる」とハッタリをかまして猛進することはありますが、「やりたくないな~」「苦手だな~」と思う仕事は、無理に受けたりしません。

あと、「自分よりも〇〇さんの方が向いてそうだな」と思ったら、相手にそう伝えるようにしています。

得意な人や好きな人がやった方が仕事の質も上がるだろうし、わたしも自分の得意なことや好きな分野で力を発揮したいです。

(5)「好きだな」と思える人と仕事をする

わたしは聖人ではないので、すべての人を幸せにすることはできないんだけれど、自分の好きな人たちが少しでも幸せになるようには努力したいと思っています。

よって、一緒にお仕事をする人も「好きな人」であれば、わたしはすごく頑張れるんですね。

フリーランスならではかもしれませんが、仕事内容だけを見て仕事を選ぶのではなく、どちらかというと「好きだな」「共感できるな」「一緒に目標を目指したいな」と思う人たちとお仕事をしています

(だから、わたしがストレスフリーでお仕事できているのは、一緒にお仕事させてもらっている人たちのおかげです‥‥)

(6)苦手なスタイルの営業はしない

自分の苦手なスタイルがわかるまでは、飲み会に参加するとか、交流会に行くとか、自分からアポを入れるとか、そういう形でお仕事をもらうこともありました。

でも、今はもうしないです。それが苦手だってわかったので。

苦手なスタイルの営業をしなくても、わたしの場合は以下のような得意なスタイルの営業でお仕事をいただいています。

  • ブログを充実させる
  • Twitterで発信する

苦手なことをしなくていい環境をつくるために、得意なところでグッと伸ばすというか。

(7)気持ちよく仕事ができる場所で仕事をする

働くのがつらかった前職の会社員時代、「毎朝決まった時間に行って、決まったルーティンをこなすこと」の次に苦痛だったのが「働く場所」でした。

わたしは明るくて開放的な空間が好きなのですが、前職の職場はそこそこ古いビルで天井も低いし、ブラインドを締めているから暗いし、なんかよどんだ空気だったんですよね‥‥(笑)。

今は家の仕事スペースも整えているし、あとはお気に入りのカフェやコワーキングスペースで仕事をしています。

空間にこだわりがある人は、「自分が気持ちよく仕事ができる場所かどうか」という視点も大事かと思います。

(8)仕事場のアイテムにこだわる

ストレスフリーな状態で仕事をするために、快適に働くための仕事道具をそろえています。

ライターという仕事柄、たくさんの資料を机に並べることが多いので、広い机を使うとか。

PCもたくさんタブを開いていることが多いので、大画面にするとか。

長時間座っていても腰が痛くならないように、良いイスを買うとか。(下記記事参照)

【レビュー】デュオレストで肩こり腰痛解消*フリーランスはPCチェアにこだわろう!

2016.11.01

以前は「アイテムにかけるお金ないし‥‥」と思ってケチっていましたが、仕事道具をちゃんと選ぶようになったら仕事の生産性も上がって、収入も増えました。ここはケチるべきではないな~と実感。

仕事部屋については、過去記事にも書いてます。

フリーライターの仕事部屋*使ってるアイテムをご紹介します!

2017.11.20

(9)自分の機嫌を直す方法を知っておく

我慢を減らしてストレスフリーになるように努めても、やっぱり上手くいかないときはあります。ストレスはゼロにはなりません。

そういう「上手くいかないとき」に、自分の機嫌を直す方法を知っておくことが大事だなと思います。

わたしの場合は「コレをやれば自分の機嫌が直る」という方法をいくつか持っています。

  • 美味しい物を食べる
  • ホテルのラウンジで思考整理をする
  • ピクニックやキャンプに行く
  • 旅行をする

↑ こういう感じです。

どんだけ落ち込んでても、嫌なことあっても、だいたい機嫌直りますね。自分のポイントを心得ているので!

人によって「ストレスフリーな働き方」は異なる

ここまで9つの方法をお伝えしてきましたが、自分に当てはまらないこともあったかもしれません。

それは、人によって「大事にしたいこと」の優先順位が違うからだと思います。

わたしの場合は「時間」が最も大事です。自分の時間をとれること、家族との時間をとれること、自分で時間を管理できること。

でも、人によっては「場所」かもしれないし「趣味」かもしれない。「たくさんの人と関わること」かもしれないし「有名になること」かもしれない。

ストレスや我慢を最小限に減らしてヘルシーに働くために、

  • 自分が大事にしたいことの優先順位
  • その優先順位をふまえた上で実践すべきこと

を、考えてみると良いかもしれませんね!

 

LINE@配信中です

自分らしく生きるためのヒントを、週2回配信しています。無料なので、よかったらぜひ。

スマホの方
友だち追加

PCの方

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク