自分はどれだけ稼げば生きてけるのか試算してみた―生活コストの話

人のお金の話って気になりますか?私は、お金の話を聞くのは好きですよ。

誰が何をしてどれくらい稼いでいるかって、聞いていておもしろいですよね。

「こういうビジネスでこれだけ稼ぐ人がいるんだ!」って。

お金を稼ぐ=誰かのためになって対価としてお金をもらうってことなんで、それ自体はものすごい努力があるんだろうなと感心します。

でも、おもしろいと思っているのと、気にしているのはまた別です。ココで言う「気にする」は「周囲の目を気にする」だと思ってください。

たくさん稼いだからって豊かになれるとは思っていないのです。

年収1000万円だったとしても、幸せに暮らしていない人はいますよね。

ダイアモンドオンラインのこの記事を読んで、そんなことを考えたのです。
「世帯年収1200万円でも不幸な人、600万円で幸せな人の違いとは?」

以前テレビで『足るを知る』という言葉を聞いて、とっても納得しました。自分に足りる分だけあればいいんです。

幸せかどうかはお金の多さでは決まらないから。

そこで、自分にどれだけのお金があれば『足る』のかざっくり計算してみました。

実際のところ私は夫と2人暮らしですが、1人で生きていく場合を仮定して試算します。

1ヶ月あたりにかかるお金です。

▼マツオカミキにとって、いくらあれば『足る』のか?
・家賃:9万円(周辺地域の1LDK家賃相場)
・光熱費:1万円
・通信費:1万5千円
・食費・生活費:2万円
・交際費:1万円
・書籍・自己研鑽:1万5千円
・保険とか:5万ぐらい?

全部足すと21万円となりました。かなりざっくりだし、他にも貯金とか考えたらもう少し必要だけど、とりあえずこれだけ稼げていれば生きていける。
(本当ざっくりなんでつっこみはナシで)

でももし都心に出る必要がないなら、千葉の南房総とかでも全然良いんだ。

そうしたら、家賃相場は6万円台にまで下がる。

まあ私的には20万円あればとりあえず1人で生きていけるってことです。

足るを知る。

苦しくなる水準まで出費を削る必要はなくて、自分が満足できる水準を知るってことです。

満足できる水準が高くなっている人は、いくら稼いでも幸せになれないかもしれませんね。

「まだまだ周囲ほど稼げてない。頑張らなきゃ」なんて思う必要はないですよ。

自分が稼ぎたいだけ稼げてれば、「私はこれで食ってけてます」って自信もって言って良いんだと思ってます。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク