一言が、人生を大きく動かす。だから、口にする一言を大事にする。

「誰かの一言によって、進む方向を変える」ということが、結構あります。

何気ないたった一言が、人の人生を大きく動かすことがあると思うんです。

一言で人生が動いた経験、ありませんか?

誰かの一言で人生が動いたこと、わたしは結構あります。

撮った写真をブログにあげてたら「写真、いつも素敵です!」って言ってもらえて、今では仕事でも写真を撮っていたり。

小学生の頃「教えるの上手だね」ってクラスメイトから言われて、教える仕事に就いたり。

ライターになってからも、あります。コレは、ある対談記事のリンクを送った時、父からメールでもらった一言。

「放送作家もやれるかも」という(親バカ込みの)誉め言葉をもらって、調子のいい娘は勘違いします。

「そうか、わたしインタビューや対談の編集、得意かも!」

そんなプラスの思い込みから、最近はインタビューや対談の仕事も多く受けています。

こんな感じで、誰かの何気ない誉め言葉が、自分の人生を大きく動かすってこと、あると思うんです。

だから、誰かの良いところに気付いたら、どんどん伝える

わたしはもともと、他人の短所が目についてしまいがちで「なんであの人は、これをやってくれないんだろう」と思うことも多々ありました。

でも「一言に大きな力がある」と気付いてから、この力を長所を探すために使うようになりました。そして誰かの長所に「良いな」と思えば、積極的に伝えるようにしてます。

もし自分が「〇〇が上手いね」とか「〇〇が素敵」「マツオカさんの〇〇が好き」とか言われたら、そりゃぁもう嬉しいじゃないですか。それが本心であれば、なおさら。

わたしが「良いな」と思った時、それが誰かが喜んでくれるかもしれない種なんだとしたら、なるべくそれは手渡した方が良いと思うんですよね。

もしかしたら、それが誰かの人生に大きく影響するかもしれないし。

ちなみに、なるべく具体的に伝えるようにしています。「ココが素敵で、共感した」とか。抽象的に「良かったです!」って言うのは、お世辞でも言えるし。

自分にも、どんどんプラスの言葉をかけてあげる

人に伝える言葉について書きましたが、コレは自分にかける言葉も同じだと思ってます。

自分に厳しいっていうのは、悪いことではないのかもしれないけれど、自分の良いところを見つけた時は、絶対にその部分を認めてあげた方が良いと思うんです。どんな小さなことでも。

「自分すごいじゃん!こんなことできるようになったなんて!ヒュー!」

って思うだけでも良いし、できれば声に出してみると、もっと気持ち良いかも。

わたしは結構自分に厳しいので、意識的に「ひゃっほう!自分すごい!最高!」と認めるようにしてます(笑)

まとめ

この「相手の良いところを伝える」っていうのは、心理学では「勇気づけ」って言ったりもしますが、自分も他人も勇気づけられるような人って、すごく素敵だと思うんですよね。

たった一言、されど一言。

欠点ばかりつつくよりも、批判ばっかりするよりも、同じ一言で人に大きな影響を与えられるのなら、良いところを見つけて、積極的に伝えるということに力を注いでいきたいと思います。

 

※ちなみに、英語講師として高校生と向き合う時は、こういう本も参考にしてました。教える立場の方や、お子さんがいる方は、ぜひ。

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク