無理して自分の色を消さなくて良い。自分が輝く場所は自分で見つけよう

ライターとして複数の媒体で執筆していると、「自分に合うメディア」「合わないメディア」がなんとなくわかってくるもので。

執筆記事を載せてもらうメディアの数が増えてきて、ちょっとずつ自分の「色」がわかってきたように思います。

ライターを始めたばかりの頃、自分にできそうな依頼は、とりあえず何でもやってみました。

中には、最初から「自分には合わないかも」と思っていたものも、受けていました。

そういう仕事は結局「やっぱり合わなかったな」という結論になることがほとんどだったんですけど……。

逆に「このライターは自分のメディアには合わない」というのは編集者さん側も感じ取ることであって。

次の依頼が来ないことも多いし、直接的に「この記事テイストだとうちの媒体には掲載できないんで、全体をコッチで修正します」的なことを言われることもありました。くぅ。

ただ、ライター歴も4年になって、なんとなく自分が書ける記事の傾向もわかってきたので、ここのところは「自分に合わないかも」と最初に思った案件は受けてないです。

それでも、「記事を書いてみたけど、このメディアは自分に合わなかったな」と思うことは、いまだにあります。

いまだにそういう事象が起こってしまうのは、たぶん「こういうメディアで書いてみたい」と思う自分の憧れが関係しているような気がするんです。

「こういう記事が書けるわたしでありたい」みたいな憧れがわたしの中にはあって、だからそういう媒体とご縁があれば、記事を書いてみる。

でも、実はその憧れは「わたしの色」とはちょっと違うから、書いた後に自分も相手も「なんか違ったな」となることが多いです。

例えるなら、わたしの憧れは「キレイで透明」

一方、本当のわたしはもっと「ドロドロとして策略的」

記事執筆の過程でお互いに「なんか違ったな」となるたびに、わたしはちょっと傷ついてきたと思います。

憧れに近づけないわたしを感じるのが悲しかったのかも。

そして最近は、「憧れるのは良いけれど、無理してその形になろうとしなくても良いかもしれない」と思い始めました。

現にわたしの書いた記事で喜んでくれる人はいて、ありがたいことにお仕事ももらえていて。

わたしは、わたしを求めてもらえるところで、わたしの色が発揮できるところで、輝けば良いんだと思う。

***

そんなことを考えていた時に、ライター仲間の七尾なおさんの、こちらのツイートを見つけました。


そう、1つがダメだからといって、自分の全部がダメってワケじゃないよね。

自分が輝くところは、自分で見つけようと思いました!

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク