1日8時間、週5日働かなきゃいけないって誰が決めたの?それって本当に自分に最適?

「そういうものだから」と思って、特に何の疑いもなく続けていることって、結構あります。

わたしは会社員からフリーランスとして独立したんですが、フリーランスになってからも「1日8時間、週5日働く」という働き方をしていました。

しかし最近、「本当にそれが自分にとって最適なのか?」と考えるようになりました。

週2日+ちょこっと仕事するだけでも、お金的な問題は無かった

「1日8時間働く」という考えは、フリーランスになってから薄くなりました。

1日4時間しか働かないみたいな日も、まぁまぁありました。

でも、通常時はなんだかんだ朝8時から休憩をはさみつつ夜18時ぐらいまで仕事をすることが多かったです。

ただ、先月~今月は身内の不幸などいろいろなことが重なって、それまで惰性で続けていた「1日8時間、週5日働く」というサイクルが崩れました。

極端な週は、2日間15時間働いて、もう1日3時間、あとは仕事できないみたいな日もありました。

それでも7月はいつもより収入も確保できたし、自分的なチャレンジもできちゃったり。仕事に支障はなかったんです。

ぶっちゃけ身体はかなりキツかったんですけど、

「あれ、今までなんで1日8時間・週5日のサイクルで働いてたんだっけ?」

と思うようになりました。

自分にとって最適な仕事サイクルを探す

「既成概念を疑え」なんてのはよく聞く話だけど、「そういうものだから」と何の疑いもなく続けている習慣って、結構あるのだと思います。

「1日8時間、週5日労働」だって、「社員が同じ時間に動いた方が管理しやすい」とかそういう会社の都合で決められたことなんだろうなと。

じゃあ、フリーランスのわたしは、自分の都合で仕事サイクルを決めるべきだなと思いました。

週2日15時間仕事して、あとは遊びまくる方が良いかもしれないし、

週7日、毎日午前中だけ仕事をするとかの方が良いのかもしれない。

来月はちょっと落ち着くので、自分はどんな仕事サイクルが一番パフォーマンスが高くなるのかを考えつつ、いろいろ試行錯誤してみようと思います!

まとめ

ちょっと前に、収入についてもこんな記事を書いたんですよね。

毎月安定した収入を得る必要なんかないって、ライター4年目でやっと気付いた

2017.04.28

会社員時代の記憶からか、まわりに会社員が多いからか、たぶん考え方のベースがまだまだ会社員なんです。

ライター4年目、自分の中の「会社員至上主義」的な考え方にどんどん気付いて、見直していきたい。

そうすれば、もっともっと、働き方も生き方も、自由に自分らしくできそうな気がする!

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク