仕事は仕事。怒られても失敗しても、自分の価値とは関係ない。

仕事がつらい、上司に怒られた、こんなこともできないわたしはダメだ。

「仕事ができない自分はダメなやつだ」と思ってしまいがちな人は、仕事と自分の人生を切り離して考えた方が良いと思う。

仕事は、仕事。自分のすべてではないです。

自分と仕事は別の次元

自分の仕事のやり方について上司に怒られたり、仕事で結果を出せなかったり、誰だって仕事が上手くいかなくて落ち込むことがあると思います。

でも、その落ち込み方には2種類あって、「こんな自分ダメだ」と落ち込んでしまう人もいれば、「仕事が上手くいかなかったな」と落ち込む人もいます。

実際は後者の方が正しくて、仕事について怒られたり、結果を出せなかったりしたのなら、落ち込む範囲は「仕事」というカテゴリの中だけで良いんです。

仕事を自分のすべてだと思っていると、「仕事ができない自分はダメだ」となってしまうんですよね。

仕事と人生はいつだって切り離せる

仕事は、いつでもゼロリセットできるのが良いなぁとわたしは思います。

今は「一社で長く働く」みたいな考え方も無くなってきてるし、年配の方でも新しいことを始めている例とか、そこらへんにゴロゴロあるし。

転職しても良いし、まったく違う職業をやってみても良いし、独立やフリーランスなんていう選択肢もある。

人生は1回しかないけれど、仕事は何回だってやり直せる。

そんな風に「仕事は仕事だから」ととらえておけば、仕事でイヤなことがあった時も、それほど深刻に捉えなくてすむと思うんです。

仕事はあくまで人生を楽しくするための手段の一つであって、人生全体ではないですから。

まとめ

良い意味で「仕事は仕事」だと割り切っても良い。

必ずしも人生を背負うような気持で、仕事に取り組む必要はない。

仕事と人生を混同して、辛くなってしまいがちな人は、「仕事は仕事」と考えてみてくださいね。

「仕事は仕事」と思えるようになったのは、仕事と人生を切り離した経験があるからです。こちらの記事もどうぞ。

仕事がつらい、会社から消えたいと思ったらやるべきこと―新卒2年目会社員の経験談

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク