ライターとジャーナリストの違いとは?ベテランライターに聞いてみた。

今日は今までに2記事納品完了。あと2記事を書きたい。もしコンプリートできれば、今日は1万字以上書いたことになる。がんばるぞ~!

先日、ライターとして大先輩であるうちの母にこんなことを聞いてみました。

私「ライターとジャーナリストの違いって何?」

うちは母が元フリーライター、父は現役フリージャーナリストなんです。

まあ、調べればわかることなんでしょうけど、当の本人がどう思っているのかも知りたかったのです。

母「簡単に言えば、ライターは情報をまとめて伝えるひと。ジャーナリストは自分の意見を発信するひと、かなあ。」

ほうほう、おもしろい違い。

私「じゃあ、ライターは自分の意見を発信しないほうがいいの?」

母「うーん、なんらかのフィルターを通して自分の意見を発信する感じかな。取材記事であれば、自分が書きたい事を相手にいかに言わせるかも大事だと思ってた。」

おー、なるほど。

母「お父さんが自分の好きな分野に対してズバズバと意見を発信していく隣で、私はなぜ自分の意見を言えないのだろうと思ったこともあったよ。」

実際のところライターとジャーナリストにどんな違いがあるのか私は調べてないけれど、母の話を聞いてなんだか妙に納得。

ライターというのは、好きなテーマであろうと、そうでなかろうと、読者が欲している情報を書くのがお仕事なんだなあ、といまさら再確認。ここで隣で聴いていた妹が、

妹「なるほど、お父さんはジャーナリストだから、お父さんの発言自体に価値があるんだね。お母さんはライターだったから、読者のニーズを満たすことに価値がある。」

なんだよそのまとめかた。上手すぎだろう。いつのまにそんなビジネスチックな考察ができるようになったんだよ。

そんなマツオカ家のある日の食卓でした。
めでたしめでたし。

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク