「自分の意見がない」と悩んでる人は、まず1人の時間をつくろう

自分の意見がなくて、意見交換や議論ができない。

自分の意見がないから、誰かが「こうするべき」「ああするべき」と言えば、その都度それに流されてしまう。

「自分の意見を持てるようになりたい‥‥」

そう思うなら、まずは1人の時間をつくることから始めてみてください。

自分の意見をつくるために

「やりたいことがわからない」「自分の意見がない」

これらは、日々の忙しさに追われて考えるための時間をとれていなかったり

人の意見ばかり参考にしすぎて、そもそも自分がどう思っているのかを形成できてなかったりすることが理由だと思います。

意見交換やディベートをする時にも、まずは自分の意見を持っていることが前提です。

人の意見を聞くうちに自分の意見が出てくるのであれば、それもOK。

ただ、ずっとそれを続けていると、他人の考えをアップデートするクセばっかりがついて、自分発信で意見を持つことができなくなってしまいます。

じゃあ、どうすれば自分の意見を持てるようになるのか。

わたしは、自分1人でゆっくり考えられる時間をつくる必要があると思います。

イメージとしては、ガラパゴス諸島みたいな感じ。

ガラパゴス諸島みたいな時間ってなに?

ガラパゴス諸島といえば、他の大陸と接しておらず、大型の哺乳類もいなかったことにより鳥とか爬虫類とか植物が独自の進化を遂げた島ですよね。

それと同じく、

  1. 誰かの意見を聞くことなく一人で
  2. 自分の意見が脅かされない環境で
  3. ゆっくりと時間をかけて考える

これが必要だと思うんです。

今や人と会っている時以外も、SNSやLINEなどで常に人の考え方が流れてくる時代です。

人の意見を見ているのは楽しいし、タメになることも多いけど、

そもそも自分がどう思うのか、何をやりたいのか、

そういう部分を自分の中で探してみることが、まず先にあるべきなんじゃないかなと思います。

例)ライターとして生きていく自信をつけた1人の時間

例えばわたしはライターのお仕事をしていて、今ではいろんなライターさんと繋がって「文章を書くことについて」とか「Webについて」とか意見を交換しています。

わたしは自分なりのやり方や意見も一応持っていて、それを誰かと交換してみることで、どんどん自分の意見をアップデートしているイメージです。

わたしが自分の意見を持てたのは、ライターを始めてから最初の2年間、SNSを一切やらずにクライアントさんと自分の執筆に集中してきたからだと思ってます。

SNSを始めてから新しく学んだこともたくさんありますが、わたしは結構流されやすいので、最初からSNSをバンバン活用していたらいろんな人が言う「このやり方でやるべき」に流されまくっていたかもしれません。

そうならずに1人でじっくり考える時間を持ってこれたからこそ、「自分のやり方で、やっていけるぞ」という自信をつけられたのだと思います。

2年なんて長い時間はなかなか取れなくても、1日でも1時間でも良いから、まずはガラパゴス諸島的な時間をつくってみてほしいな。

まとめ

既に意見があったり、やりたいことがわかっていたりするのなら、どんどん他の人の意見も聞いてみるのも、もちろんアリです。

でも、いろんな人の意見にその都度流されてしまう人は、まず自分の意見を育てる時間を持ってほしいなと思います。

そんなにまわりの意見ばっかり、聞かなくて良いんです。

まずは、自分がどう思うか、どうしたいか、自分自身と一緒にゆっくり考えてみてくださいね。

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク