上達スピードを速めたいなら「一歩先を行く人」をマネしよう

「上達したい」と思った時、目標とするロールモデルを設定するようにしています。

ライターとしてもそうだし、ブログ運営とかもそうしてきました。

この時、ロールモデルは「自分の百歩先を行く人」よりも、「一歩先を行く人」を設定した方が、上達スピードが速いと思うんです。

一歩先を行く人を目指すべき理由

例えばブログを始めたばかりの頃は、そもそもブログの運営方法すらわかりませんでした。

「ブログで生計を立てている人がいる」ということは知っていましたが、ブログから収益を生むシステムすら、まったくわからなかったんです。

そもそもブログなんてmixiの日記のような個人的なものしかやったことがなくて、何を書けば良いのかもわからない。

そんな状況で「プロブロガーのあの人みたいに、月収30万円を目指そう!」とか考えたとしても、それってわたしにとっては全然現実的ではなくて

目指すこと自体は良いと思うのですが、あまりにも自分とかけ離れた人をマネしようと思うと、「じゃあ、一体何をすれば良いのか?」で思考停止してしまうんです。

だから、わたしはいつも一歩先を行く人をマネしています。

「まずは自分と同じくブログを始めたばかりの人で、数千円の収益を上げている人のマネをしてみよう」とか。

自分が一歩進んだら、また自分より一歩先に行く人を目標にします。

そんな感じで一歩一歩積み重ねることで、思考停止に陥ることなく前に進むことができるんです。

百歩先にいる人も、一歩一歩積み重ねてきた

「自分の一歩先を行く人をマネする」というのは、「リアルタイムで一歩先にいる人をマネする」だけではありません。

例えば今日時点で自分の百歩先にいると感じる人も、ゼロから急に百歩進んだワケではありませんよね

自分よりちょっと早く始めて、一歩一歩進んできた結果、現時点でわたしより百歩先にいるということだと思います。

百歩先にいる人が数年前(もしくは数ヶ月前)に何をしていたのかを見てみると、意外に自分の一歩先ぐらいにいたり。

ブログや本などで、その人がどのように考えて行動してきたかを残してくれていれば、それをなぞりながら一歩一歩進んでいくことも多いです。

(だから、尊敬する人の昔のブログとか、結構読んでます!)

まとめ

スタート地点にいるわたしが、百歩先にいる人のマネをしようと思うと、「全然差が縮まらない!」と悲しくなって「もう無理だ!」と思ってしまいがちなんです。

だから自分の一歩先を走っている人の背中を目指して、その人の行動や考え方をマネしてみます。

リアルなつながりでも、ネット上でも、自分の一歩先を行く人は簡単に見つけることができるので、上達スピードをあげたい人は「一歩先を行く人」のマネをしてみるのがオススメです!

 

――――――――
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
マツオカミキの実績&お問合せ

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク