JINSのPCメガネ、透明と色付きどっちが良い?5年間愛用する私が比較するよ!

PCやスマホから出るブルーライトをカットし、目を守ってくれるPC用メガネ。

わたしは社会人デビューした2012年以来、ず~っとJINSのPCメガネを使っています。

JINSのPCメガネはデザインもシンプルで良いし、もうコレをかけてないと目がドッと疲れる感じがしてしまう……。

「透明と色付き、どっちがいい?」という質問を結構いただくので、両方持っているわたしが、それぞれのメリット&デメリットをご紹介します!

JINSのPCメガネ、透明と色付きってどう違うの?

上がクリアタイプ、下が色付きタイプです

JINSのPC用メガネは、正式名称だと「JINS SCREEN」という商品名です。

上の写真だと、上がクリアタイプで、下が色付きタイプです。見た目にも結構違いますよね。

この2タイプの違いを、3つの項目に分けてご説明します。

1.ブルーライトカット率が違う!

クリアタイプと色付きタイプでは、ブルーライトカット率が違います。

  • クリア(透明)タイプ=25%カット
  • 色付きタイプ=40%カット

色付きの方は、PCやスマホを長時間使う人に向いています。

「じゃあ、色付きの方が良いじゃん!」って、思いますよね?

わたしもそう思うんですけど、かけてみると結構な色付きなんですよね。次の項目でご紹介します~。

2.色の付き具合で見た目の印象が全然違う!

実際にJINSのPC用メガネをかけているところです。左がクリアタイプ、右が色付きです。

色付きの方がブルーライトカット率が高いんですけど、、かなりサングラス寄りの印象ですよね。

(会社でかけていた時、「ヤクザっぽい」って言われたこともあったな‥‥)

ただ、今はもう少し黄色味を抑えて、肌になじみやすい色に進化しているようです。公式サイトを見ると、以下のような感じに。

(公式サイトより引用)

クリアも色付きもどっちも持っているんですが、1日に8時間以上PCを使うので、日常的にはブルーライト40%カットの色付きの方を使っています。

ただカフェで仕事をするとか、打ち合わせとか、外に出る時は左側の25%カットのクリアタイプを使うことにしました。(なんとなく、見た目の問題です!)

3.透明も色付きも、値段は同じ!

値段はどちらも度なしで3,000~5,000円です。

  • 旧モデル:3,000円
  • 新モデル:5,000円

新モデルはすべて5,000円なので、旧モデルが全部売り切れたら、今後はPCメガネはすべて5,000円で販売していくのかも。

ただ、25%カットのクリアレンズはJIN’s オンラインショップで購入すると1,000円OFFの4,000円になるようです。買うなら、オンラインの方がお得。

※ちなみに同じくリーズナブルなメガネを販売しているZoffでは、3,900円でした。デザインのシンプルさはJINSの方が上ですが、好みの問題もあるし、なにより安さ重視ならZoffもアリ!

また、JINS SCREEN以外のJINSのメガネフレームに度を入れる場合は、以下の金額がかかります。

  • ブルーライトカットレンズ代:5,000円
    ※いずれも税抜き

過去にJINSでメガネを購入した場合は、レンズ代だけで交換することも可能。

わたしは度なしのJINS SCREENを使用していますが、今後目が悪くなった時はフレームそのままで度入りレンズに交換できるということです!

実際PCメガネって効果あるの?5年間使用していて思うこと

わたしがJINS SCREENを使い始めたのは、会社に入ってからのことです。

大学1年生でレーシックをして、0.03しかなかった視力を1.5まで回復。

ただしレーシックをしても、日常生活の中で普通に目が悪くなっていってしまうので、なるべく目が悪くならないようにしたい‥‥でも仕事で1日8時間以上はPCを見ている‥‥。

ということで、JINS PC(JINS SCREEN)を使い始めたのがきっかけです。

5年以上愛用していて感じることを、簡単にまとめます。

(1)PCメガネをしていない時と比べて、疲れにくい!

JINS SCREENをせずにPCを見ていると、1時間ぐらいで目がシパシパしますね‥‥。

もともとドライアイ気味というのもありますが。

目の疲れ具合が体感として全然違うので、もう仕事する時は絶対メガネかけてないとダメです。

(2)とはいえ、視力はちょっと下がった

5年前の会社入社時の視力がたしか1.0ぐらい。

今年に入ってからはかったら、0.8でした。ちょっと下がった。

JINS SCREENをかけているからといって、PCやスマホを長時間見ても目がまったく疲れない!とか、視力は下がらない!とか、そんなことはありません

疲れにくくて、目に少しだけ優しくなれるというとらえ方が良いと思います。

ただ、PCメガネかけてなかったら、もっと下がったかもなぁ‥‥と思っています。

1日8時間以上のPCに加え、PC以外の時間もずっとスマホ見てたりするし‥‥。目の酷使がハンパないです。

(3)ふつうのメガネかけるぐらいなら、ブルーライトカットの方が絶対良いと思う

わたしは仕事中だけメガネをかけているのですが、視力が悪くて~とかオシャレで~という感じで普段からメガネをかけているなら、ブルーライトカットのメガネにしちゃった方が良さそう。

仕事してなくても、スマホを見てる時間って結構長いですし‥‥!

JINS SCREENの場合、先ほどご紹介したようにクリアタイプなら通常のメガネとそんなに変わりません。

白い紙の上で見てみると、うっすらブルーライトカットしそうな色がついているぐらいです。

わたしはあんまり気にならないぐらいの色合い。

パソコンとかスマホをよく使うなら、ブルーライトカットにしておいた方が良いな~と個人的には思います。

まとめ

度なしのJINS SCREENは、ネットでも店舗でも、特に視力検査などをすることなく購入できます

ちなみにメガネケースは専用のソフトケースが無料でついてきますが、ハードケースは店舗の場合540円で別売りです。

ネットの場合ハードケースは購入できないので、専用のソフトケースに入れて持ち運ぶか、100均などでメガネケースを買うと良いと思います。

PCやスマホを長時間使うという方は、目の疲れを軽減するためにも、PCメガネおすすめですよ!

>>JIN’s オンラインショップはこちらから

スポンサードリンク


スポンサードリンク