フリーライターの私の働き方って、大学生活と似てる

今日は久しぶりに通勤電車に乗って、朝から都心に出ました。

8時からカフェで仕事をして、移動して、仕事して、本屋さん行って、そのあとまた仕事をして。

久しぶりにがっつりノマドをしたワケですが、こんな1日の過ごし方に何かなつかしさを感じました。

そう、この1日って、まるで大学生の頃の1日みたいだ……!

153

 

朝から晩まで外で仕事をするノマドワークな1日

今日は朝から夕方まで(というか、このブログを書いている今も)外で仕事をしようと決めました。

通常は、取材や企業さんとの打ち合わせが入っていなければ、基本的に1日中家で仕事をすることが可能です。

しかし毎日家にいるのも飽きてくるので、週に何回か、午前か午後だけカフェで仕事をすることもあります。

とは言え、今までに1日中仕事を外でした経験はありませんでした。気分転換のためにも、「今日は1日外で仕事をしてみよう」と思ったワケです。

1日中外で仕事をするにあたって、コワーキングスペースに行くことも考えました。かなり調べたのですが、時間や場所などで私の条件に合うコワーキングスペースが見当たらない&あまりに小さいアットホームな感じのコワーキングに行く勇気はない……

まあ、コワーキングに1日2000円とか払うとしたら、カフェ4件ぐらいハシゴするのもたいして変わらないか!(っていうか、カフェのが安い!)ということで、カフェをハシゴすることに決めました。

朝8時からカフェで仕事、→移動して別のカフェでランチ&仕事→代官山蔦屋書店で本を買いあさる→そのままスタバで仕事→地元に戻ってきてファミレスで仕事(今ココ)

今日のノマドワークはもうすぐゴールです。要するに今日やるべき仕事が終わり、このブログを書けばフィニッシュです。

いや~、ノマドって結構大変ですね。会社員だったころは毎日同じ場所に出勤するのもつらかったのですが、逆に定住の地がなくカフェを探して1日さまようのもなかなか疲れました。

それでもいつもは行かないようなところに行ってみたり、おもしろい発見をするなど良い刺激になりました。

でもやっぱり外で仕事をするなら、拠点となるコワーキングスペースがあると良いんだろうな~と感じました。今のところ私には必要ないと思っているけど。

 

これって大学生活と似てる……!

そう、この1日の過ごし方、大学生の頃の1日と似てるんですよ。

私は文系だったので、大学生の頃はほとんどいつでもレポートや論文の納期を抱えていました。
大学に行って講義を受けて、そのあと図書館、ラウンジ、カフェを点々としながらノートPCでレポートを書く。今のワークスタイルとそっくりですw

誰も知り合いがいない授業ばっかりの日は、大学生の頃も一言も人としゃべらないなんて日もありました。今も仕事中は誰とも話さない日もあるので、その部分も似ています。まあ、学生の頃はそのあと夜にバイトがあるけど。

私大学生活の過ごし方、かなり好きだったんですよ。

サークルにも入らず、論文にのめり込み、夜はバイト三昧。授業は自分で組めるので、平日休みも多々ありました。平日多くの人が仕事や学校がある中で、カフェでのんびりするとか、観光地に日帰りで行くとか。

理系の学生はわかりませんが、文系の学生はかなり自由な時間が多いと思います。

その頃の生活とそっくりです。そりゃあ居心地も良いわけです。人生のモラトリアムの延長戦です。

 

時間がフレキシブルに使えるという利点をもっと活かしたい

せっかくフリーランスなので、時間がフレキシブルに使えるという利点をもっと活かしたいなと思いました。

今までも仕事が終われば平日に水族館に行くとか、美術館に行くとか、休日であれば混んでいるであろう場所に行くこともありました。

でも、なんとなくやっぱり世間が動いている時間に合わせて動くことが多いです。

せっかく浮世離れした世界に住んでいるのだから、もっと自由な発想で動きたいな。そうして自由な発想で動くことで、もっと柔軟な考え方ができるようになると良いな。

そんなことを思った1日でした。

前々から思ってるんですが、ちょっと変なところで仕事をしてみたいです。動物園とかw

水族館でアイディア出しならやったことあるんですけどね。エクストリームノマド的なw

どんどん自由に動こう。既存の枠にとらわれずに!
 
———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク