ライターのみなさんと情報交換会をしてみました@ライターハングアウト

ことの始まりはこのツイートでした。


人と話さずにお仕事する日が続いて、「誰かと仕事の話しがしたい、情報交換したい!」という気持ちが強まり、呼びかけてみました。

すると多くの方からリアクションを頂き、その中にこんなツイートが。


私はGoogleハングアウトを使ったことがなかったので、今回はたろうさん(@v_varentaro)の企画に全力で乗っかることにしました!

たくさんの方に「参加してみたい」というお声を頂きましたが、昨日のハングアウトに参加して頂いたのは結果的に5名(私含む)。

どんなことを話したのか、どんな感じだったか、今後はどうするのかについて書いていきたいと思います。

28

 

参加してくださった方々

昨日のライターハングアウトのメンバーは以下の方々でした。

・たろうさん(主催者)


・ruricoさん(ruricoさんのブログ)


・会社辞め太郎さん(@kaishayametarou)
→会社辞め太郎さんのブログはコチラ

・新田さん
→新田さんのブログはコチラ

そして私の5名です。Twitterでお話ししたことがある方もいれば、完全に初めましての方もいらっしゃいました!

今回スケジュール等の関係で参加できなかった方もいたので、また別の回でお話しできたら嬉しいです。

 

どんな話をしたの?どんな感じだった?

ハングアウトが初めてだったので使い方に戸惑いましたが、日ごろ会えないような方たちとお話しできてとても良い時間でした!

物理的に遠くに住んでいる方がほとんどでしたが、こうしてオンライン上でも話ができるのは嬉しいですね。

話の内容としては、ライターとしてどんなことをやっているかや、最近考えていること、案件のとり方、クラウドソーシングについてなどなど。

クラウドソーシングを活用している人とそうでない人がいたので、それぞれの仕事の仕方が全然違って、とてもおもしろかったです。

Twitterで情報交換するのもすごくタメになるんですが、やっぱり面と向かって話すのはまた違いますね。リアルな感じがあって、勉強になる部分が多かったです。

今回は「ライター歴3年縛り」で募集をかけましたが、縛りが違えばテーマや話す内容も違うでしょうし、人数や時間数によってもかなり違いが出てきそうです。

 

今後もライターの方々と情報交換の場をつくりたい

正直最初に「情報交換の働きかけをしていきたい」ってツイートした時は、「こんなに孤独に仕事をしているのは自分だけなのか」とちょっと思っていたので、様子見でジャブを打った感じでした(笑)

しかし、今回参加してくださった方以外からも、「そういう場、良いですね!」というリアクションをもらえて、「なーんだ、私だけじゃなかった!」と嬉しい気持ちになりました。

人と話す機会が少なかったり、ライターさんとの横のつながりがもっとあれば良いのにと思っているのは、私だけじゃなかったんですね!

今後もたろうさんはライターハングアウトを主催してくださると思いますし、今回である程度流れが経験できたの、私もひょっとしたら主催してみるかもしれません。女性縛りとかも良いですよね、うん。

それと昨日こんなツイートをしたら、反響をもらったので、今ちょっと検討中です。


Synapseのオンラインサロンは審査があって、ある程度著名な方でないと開けないような気もします。。

一応審査に出してはみましたが、私のレベルではまだ難しいだろうか……失敗したらそれはそれでおもしろいので、ブログに書きたいと思いますw

Synapseが難しければ、他に手段を考えてみようかな~とも思います。

あんまりにオープンだと話しにくいし、かといってクローズドすぎて参加しにくいと趣旨に合わないし……。

何かアイディアあったら、ぜひ教えてください。

以上、第1回ライターハングアウトの感想でした!

▼ライターさんとの情報交換に関する過去記事
人と話すことでわかる「自分」―意識高い系ゆるキャリ女子な私。

▼クラウドソーシングって実際どうなの?って話も多かったので、そのあたりの過去記事はこちらへ。
ランサーズカテゴリ記事一覧

———————–
ライター*マツオカミキの詳しいプロフィールとお問合せはコチラからお願い致します。
http://bit.ly/2i5ABpm

ブログ更新はTwitterにてお知らせしております。
ぜひフォローお待ちしております!
@matsuo_mk

スポンサードリンク